孤悲

イメージ 1

                          『孤悲』
                      
                       ものかく おんなだから 
                       嘘をつづれると いわれるのなら
                       すこしずつ たおやかに
                       あなたから 離れていこう

                       あなたへの 想いを 
                       物語のように つづれるほど
                       なれていたのなら
                       笑ってすませるけれど


                        こころ 裂いてきた
                        いつの日も 不器用に
                        そして 想い つづってきた
                        かざらない ことば ならべて

                        それなら すべて あったことかと
                        いわれれば たじろぐけれど
                        そのなかに あるのは
                        わたしの想い そのまま


                       こころが
                       昔からの 夢ばかり 追いかけるのは
                       もう 恋に 夢なんか
                       ないからかと 思ってた

                       けどね…

                       あなたに あうため だったのかもしれない
                       もう あなただけ
                       みていたかった からかももしれない

                       そんな想い
                       伝えたくて
                       ただ まっすぐに
                       そのままで…