『光と風の間(はざま)で』総本家

総本家なんで、あれこれあります

あららの年明け〜遅くなってのご挨拶〜


別暦では、ただいま絶賛お正月中らしいので…。


明け(すぎ)ましておめでとうございます‼️


いや〜。だましだまし使ってきたPCが年末からまたさらにおかしくなりました。

つぶやきに近い別ブログはスマホで投稿しつつ(実はこれも、スマホ投稿です)、年賀状も年内に作れずに年が明けてから遅れて投函。

さらに、大掃除もいい加減だったし、水道もれの修理などの、予想外の突然の出来事もあれこれ…と、ま〜、色々あった年明けでした。

そんな中で新しいPCを決め、今日ようやく注文。やっとその順番が来たところです。


それでも今年に入ってから、昨年ずっと続いた眠い眠い病が、何故かいきなり終わりを告げてくれたのは良かったこと。頭がすっきりし、動作もかなり早く動きやすくなりました(そこまで生活に響いてきてたということです)。さて、いよいよ新しいPCを迎える準備をしなくちゃね。

そんなこんなで、もう少しもたもたするかもしれません。

こんなブログをのぞいてくださるあなた。いつもありがとう。そして、今年もどうぞよろしく‼️




※ちゃんときれいにしてない上の画像は、出雲大社の参道にある石灯篭の、波乗りウサギ(?)の絵柄。これをちゃんと直すのも少しだけあとになるかな。

来年は誰にもいい年に…なる…よね?

[:



 大晦日も、あと6時間を切りましたが、まだバタバタとしています。予定では、すっきりと片付いた部屋で、ゆっくりと大晦日のご挨拶をすませ、いい気持ちで夕飯のお寿司など食べいたはずはずだったんですが、思うようにはいきませんでしたね‥。ええ、最後まで…。

 たくさん留守をして、ごめんなさい。

 とにかく、時は過ぎていきます。ここまで来たら潔く(?)。ご挨拶だけして、今日は終わりとします。

 私にとっては反省ばかりの年。たくさん留守をしてごめんなさい。あなたにとっては、どんな年だったでしょう。そんな話もしたかったんだけどな。

 さて、これからの時間どんな風に過ごしますか? わが家のっ母は、テレ東さんの、年忘れの歌番組を見ているよう。まっ、「あの番組」を見るよりは楽しんでいるのかな。

 良い年をお迎えくださいね。



※画像は、鳥取の白兎神社の参道にある、大国主命さん(この時期は、オオナムチさんかな)と八上姫さんの砂像です。

 

Finish!!



あれこれであまり時間が取れず、残りの20ピースほどを残して明日かなと思ったのだけど、やっぱり諦めきれずやっちゃいました。


完成です‼️
👏👏👏 🎉


1000ピース。途中、完成は無理かも…とか、(何回もひっくり返してるから)ピースがいくつかないかも…とか、ネガティブな感情に何度も振り回されたけれど、今何度さわってみても、ちゃんと全部埋まってるよ、ピース😭

長かった…。でも、いろんなことを感じさせてもらったなぁ。ムーミン。スナフキン。ありがとね。

出来上がりはホントにきれいです。

人生はジグソーパズル?



ジグソーパズルをやっている。

通算だと、ほったらかし期間(何回かあったけど、合わせて半年くらい)を含め、何と1年以上になる。

こんなにかかっているのは、やたらグリーンの色あいが多くてややこしいからか、1000ピースがわたしの手に余ったからか。いやいや。単にどんくさいから…なのかもしれない。

そのジグソーパズルは何と、一部だけ、全部を合わせて、5回くらいひっくり返している。そのなかには、完成間近だった時もあった(涙)。

何せ大きさがあるのでそのまま広げておくわけにはいかず、邪魔にならない場所に運んでいるときに、バランスを崩して何度もやらかした…というわけ。

色々やらかした挙げ句に、今時泊まりのお客様などないんだから、客間の座卓の上に置いたままにしておいて、そこでやればいいんだと気がついたのはこの夏のこと(遅っ!)。

それからは途切れ途切れにだけど真面目(?)に、さらなる一部崩し事件(事件か?)などありつつも、今数えてみたら、残りのピースは100枚を切っていた。

祝いじゃ祝いじゃ〜♪(まだ早い。またやらかすかもしれん)。


ジグソーパズルの、「その場所」に合うピースはひとつしかない。これかなと取り上げたピースが、「そこ」にいとも簡単に、ぴったりと嵌まるときに感じる嬉しさは、全体が完成したときに感じる嬉しさとはまた違う。何と言えばいいんだろう。スッキリする「瞬間の喜び(刹那の…というほどでもない)」と言えるような嬉しさが。

別の瞬間の喜びもある。それは、腑に落ちない瞬間の喜び。

それは、やってる間にいつからか作ってしまった、「このあたりに『その場所』があるはず」という、ピースの色や模様からくる思い込みでさんざん探しまくったのに見つからず、全然別のところにヤケクソで置いてみたら、それが見事に「その場所」だった…とかいう場合。

これには、思ったような所で見つけたのとは違う、「ここかぁ(呆然)」という、意外な喜びが加わる。


探しても見つからないこともある「その場所」にピースが収まる瞬間って、時にあまりに簡単で、「その場所」は、予想外なところにある場合もあるって、面白いね。

これは、人が生きる道についても多分同じだよねと、パズルをしながら思う。

だったら、どんな風に生きればいい? どうやったら、「その場所」にすっきり収まる?


「そんなよけいなことを考えるより…。人生は短い。さっさと仕上げて、別のこと楽しみなよ」と、目の前のスナフキンに言われた気がした。

留守しすぎ!


何だか、日々の中でやることやブログの書き方で迷うことが多く、ついでにやたらに眠い日が続いたりして、また長い留守をしてしまいました。ごめんね。家主のいないブログにもうあきれられて、誰も見に来てくれなかったりして、🙇‍♀️💦💦

まっ、それはそれとして、近況の、ど〜ってことない話で、一席うかがいます(落語か?)。


さて、いきなりですが、ずっとウォークマン用に使っていたコードタイプのイヤホンの音が、この頃なんかおかしくなってきてたんです。で、ポイントでいただいたコードレスのを使っていたんだけど、回りにあるいろんな障害物でなのか、やたらに切れる上に、実は音が気に入ってなかったんですね。

特に音に対して、こうでなきゃとかいう立派な理屈があるわけじゃなくて、単に自分の好みの問題なんですけどね。

実は、新しいのを探さなきゃなと思っていた頃、こんな記事を読んだんですね。


コードレスのイヤホンを使うことで、たとえば、認知症様の症状が出るなどの脳への影響がある場合がある…とかいう学説が出ている。


その真偽の問題はあるとしても、切れるのに嫌気がさしていたわけで、そんな学説があるのなら、無理にコードレスにこだわる必要もないなと思い、コードタイプを探すことにしました。


さてどこのにしましょうか…と思ったとき、ふっとひらめいたのは、子供の頃からウォークマンの音より好きだったKENWOODのこと。「あそこの音好きだったな。そこのを探してみるか」。KENWOOD。今は、JVC(日本ビクター)ですね。

さて、そう決めたはいいけど、性能もお値段もピンきりです。実際に聴いてみて気に入るかどうかもわからない。

とりあえず、「何かこれいいかも!」と思ったのを選んで、それを試してみようと決めました。で、選んだのが、↑の。

JVC のカナル型イヤホンというののひとつ(JVC HA-FX26-Gというやつ)。


何でこれにしたか。試してみるのに問題のない安価…だったこともあるけど、「これキレイ!」的なノリでした。音がどうとか言っといてね(この写真ではわからないけど、とてもキレイな緑。レモンイエローに近いかな)


聴いてみたら、あなた。「いいじゃない、これ〜!」


前に使ってた、元々の付属のから替えたコードタイプのイヤホンより、はるかに好き! 前のより安いのにね(おいおい)。


わたしが主に聞くボーカルものでいえば、息づかいさえ伝わってくるし、やたら重低音を強調してくるのより、はるかにバランスがいい(わたしが語れるのは、この程度の理屈ですよ。だって好きなんだもん!が、ほんとの理由)。

千いくら(円台)でこれなら、もっとお高いのならどうなる…とかいう期待も膨らみますが、今はいい。

聴くものの偏りはありつつも、やっぱり音楽からは離れなれないな。しばらくこれで楽しもうと思います。秋の訪れとともに、元気が出てきました。