へ~~~…@@~3度目の「ルノルマン・オラクル」カード~

  風邪が良くなり、今日はお天気も良くなったので、数日ぶりにウォーキングに出かけようとしたら、急な来客があることになり、出かけていられなくなりました。帰られても、時間が中途半端になったので、ウォーキングはやめ、ほら、「あれ」をまたやってみるか…という気になったんです。ええ、 「ルノルマン・オラクル」カード。今度は、過去・現在・未来…、それぞれ3枚ずつでやってみることにしました。
 
 今回の占いは、この前の進化形です。現在の3枚のカードの真ん中になる所に「象徴カード」-相談者を表すカードを置いて、シャッフルして9枚のカードを置いていきます。
 
このカードの占いでは、タロットの様にテーブルにカードたちを広げて両手で混ぜるという作業は特に必要ないのだそうです。トランプの様にカットすればいい。ただ、前回のカードをそのまま仕舞っていると、カードが入れ替わらず、その前のカードがそのままの配置で出てしまうこともあるので、たまには、やはり「テーブルでぐるぐる」の作業(私ふうの言い方です。本ではもっとちゃんと書いてありますよ)をした方がいい。何よりも大切なのは、とにかく自分が納得するまでカットすること…という条件が書かれていました。たまにというのがややこしいので、私は、常に「テーブルぐるぐる」をして、そのあと、好きなだけカットするという風にやってみることにしました。そして、今回もそうやってカードを並べていきました。左側の列の縦3枚が過去を表します。真ん中の列の3枚が現在を。そして、右の列の縦3枚が未来を表します。これを、その時に気になったそれぞれの意味の語句で過去・現在・未来を見ていくことになります。
 
…なんて、すぐに結果に移らず、何故回りくどくこんなことから書いているか…というと、その結果をどうやって導いたか…を改めて書いておこうと思ったからなんです。質問は、「あの子は新作を作るべく仕事を再開し、わたしはそれを喜ぶことができるか」。その質問に対して、こんな風な配置になりました。
 
イメージ 1
 
 
まず、過去。これは、揺るぎのない環境である「家」と、変化を表す「コウノトリ」、そして、悲観的になる、あるいは、相手と距離をとることを表す「鎌」でした。これはあなた、安定した状況だと思っていたものが変化し、相手と距離をとることになった(ほんとは、とられた…だよね)という風に観られます。
 
前のはどうだったっけ?と見てみると、 「(誤解や否定的な意味合いの強い)あれこれの情報が次々と入って来て、前が見えない状況にあった」。あっ、なるほど…。そう誤差はないな。
 
次は現在。これは、幸運の訪れや偶然に助けられることを表す「クローバー」と、前のでは前が見えにくい状況をあらわした「雲」は、象徴カードが下にあるので、「トラブルは過ぎさっていく」、「考え方の変化(良い方への)」という意味に転じ、それに海外の人との交流を表す「船」が続きます。これ、あなたならどうとります? 私は、「思いがけない偶然に助けられ、考え方の変化が起こり、海外の人との縁が結ばれてトラブルが過ぎ去っていく」。こんな風に読みました(まんまか…^^;)。
 
前回は、「裏切ることのない心ある人たちからの援助を受けつつ、純粋な想いを持ちながら、成熟した態度を示している」だったのね。そこに、「海外の人との縁」というやつを加える(そして、トラブルは過ぎ去っていく)と、そう変わりはない気もしますね。思いがけない偶然は、心ある人たちの援助と無縁ではない…ということかしら。
 
そして未来。これは、夢がしっかりとした現実の中で実現することを意味する「錨」と、心を温かくする、そして、ときめきを感じる出来事、そして喜んで投資を表す「ハート」、そして、人生に影響を与える男性との出逢いや関わりを表す「紳士」の3枚。ということは、「心を温かくするようなときめきを感じる出来事に出会い(喜んで投資含む)、夢は確かな現実のもとで実現する」…ということね。と観て、「ん?」と思いました。あれっ? これって、どっかで聞いたような…。
 
そう。最初の「錨」は別として、あとの2枚は前回の未来のカードと同じだったんです。「心を温かくし、ときめきを感じるような出来事に出会い、心から喜んで投資し、エネルギーを注ぐことになる」。そこに、夢の確かな実現が加わっただけ。
 
「へ~~~」。
 
総合してみると、「安定した状況だと思っていたものが変化し、相手と距離をとることになった(ほんとは、とられたって感じだったのよ…って、しつこいか…)」のが、今は、「考え方の変化や思いがけない偶然に助けられて、トラブルは過ぎ去っていこうとしている(それには、海外の人との縁が関係する)。そして、人生に影響を与える人との、ときめきを感じるようなことに出会い、夢はしっかりとした現実の中で実現していくだろう」…。こんな感じに観られます。
 
前回は、そう。「あれこれの情報で前が見えない状況だったが、裏切ることのない友人の想いや援助によって、想いを損なうことなく、成熟した状況にある。そして、これからは心を温かくし、ときめきを感じるような出来事に出会い、心から喜んで投資し、エネルギーを注ぐことになる」と観たのでした。これって、変わってない…というか、さらに具体的になってる? 夢のしっかりした実現が加わっているんだから…。それに、海外の人との縁が…。
  
しっかりテーブルぐるぐるをし、そのあとさらに、しっかりときった。そこで同じような結果が出ている。それに、ちょっと驚きました。もちろん当たるも八卦、当たらぬも八卦の占いでの話ですが…。