真冬の珍事(?)

イメージ 1

また結構な雪が降る、寒い1日になっています。

そんな中、ややこしいことをやってしまいました。一昨日の夜(というか、昨日の朝というか)に、たたんだ洗濯物を二階にある自分の部屋に持って上がろうと階段を上がっていた私は、うっかりソックスを取り落としてしまったんです。

左手が利き手の私ですが、左手には携帯(電話)を握りしめていたので、洗濯物を体で支え、すぐに自由が利く右手で、段の左端に落ちたソックスを拾うべく、かなり不自然な姿勢で拾いあげたのですが、その時に何かいや~な、違和感というやつがあったんですね。右の脇腹の上部…その姿勢で伸びたあたりに。

その時はそこまでですんだのですが、さて寝ましょうとベッドに勢いよく横になった途端、違和感があったあたりに強い痛みが走ったんです。それっきり寝るどころではなくなってしまいました。

すぐに鎮痛剤を飲みたかったのですが、風邪薬を飲んであまり時間がたっていなかったので、重ねて鎮痛剤を飲むことが出来ず、何とか階下に降りて、すぐに目に入った湿布を貼って様子をみることしか出来ませんでした。

さらにその湿布も、母がお医者様からいただいてきて、少し使ってしまいこんでいたのを貼ったものですから、大した効果もなく、どんな姿勢をとっても楽にはならなくて、まんじりともしないで朝を迎えることになりました。

すっかり明るくなってから、鎮痛剤を飲んだり、新しい湿布を貼ったりして、それからだいぶ良くなったのですが、困ったことがあるんです。

立ち上がろうとしたり、姿勢を変えたりしたときや、長い時間同じカッコをするのが少々キツい…ということはもちろんあるのですが、それ以外に、多分大抵の女性が日中はしているだろうものの下部が、ちょうど痛い所に当たってしまい、つけていられないんです。

なわけで、かなり良くなった今日も昨日も、つけないで「ハウス!」状態でいるのですが、そうしているうちに気がついたことがありました。

それは、他の衣服からしたら、えらくちっこい物がないだけで、洋服一枚分違うくらい寒い感じがするということ。

これには驚きました。こんなに違うんだね。出来る方は、一回やってみてください(何を勧めてるんだか…^_^;)。

ただね、てことはですよ。同じだけ洋服を着たとしても、夏はこれの分、しない男性達より洋服一枚分くらい暑い感じがする…ということになりますよね。だからといって、つけずに外を歩き回ることも出来ないけど…。まっ、つけるのが普通という感覚でここまできているわけですから、耐えられないわけではないというのが幸いではあります。

いや~。ひょんなことで、思いがけないことに気がつくものですね。…なんて、こんなことに感心してる私って変?