すべては「体幹」でうまくいくのかもしれない

イメージ 1

昨日今日と、机に向かうときに、バランスボールを椅子がわりに使っています。

実は、友達にいいらしいよと教えてもらったんです。で、ちょっと調べてみると、けっこう良さそうなので始めてみることにしました。

バランスボールに座っていると、常に体幹の筋肉を使うので、無意識のうちに正しい姿勢とることができるようになるそうなんです。そうすると、つねに正しい姿勢がとれるようになる。

人は疲れると姿勢が崩れ、余計な体力を使うので、加速度的に疲労がたまっていく…ということらしいんですが、体幹が整うと、そういうことが軽減できるということですね。つまり、疲れにくくなるらしい。

さ・ら・に、インナーマッスルが鍛えられる=ウエスト回りが締まるという効果もある…らしい。座ってる時間の長い私には、うってつけのトレーニングです。

幸い、バランスボールを持っていましたから(足を浮かせて手放しで座るのに慣れて調子に乗っていたら、転んで頭を打ち、それからしばらくしまいこんでいたんですけど)、すぐにそれをひっぱりだして座ってみたんです。そしたら、机という支えがある分、長時間になっても思いの外楽なんですね。

これならしばらくは続けられそうと思い、続けてふっと思ったのは、「心の体幹」はどうやったら鍛えられるんだろうってことでした。

それが鍛えられたら、迷ったり、落ち込んだり、苛立ったりしても、たおやかに過ごしていけるかもしれない。もしかしたら、故意に人を惑わすような言葉や動きに出会っても、敏感に察知することができるようになるかもしれませんよね。

信じるものをもっともっと大切にして…ね。