言わぬが花…

イメージ 1

先日、母の姉であるおばのところに母とともに泊まったときのこと、昔のアルバムを持ち出したおばと母の話の中に、ある人の話が出てきました。

以前、母よりだいぶ年上の従兄であるその人の話を聞いたことはあったのですが、その名前を聞いたのはそのときがはじめでだったんです。

その人は、柔道でオリンピックに出場した後、プロレス界に入り、そのあとレスラーにという経歴の持ち主なのですが、今日それとは全然関係ないことを検索していて、その中の一つで偶然その名前らしきものを発見したんです。たしかこんなような名前だったとクリックしてみると、簡単にですが経歴が書かれていました。

出身地からしても間違いないと思いましたが、改めてその名前で検索してみると、写真がついているのもあって、それを母に見せてみると、「そうそう、これこれ…」。

実は、つい最近会ったばかりの母の従兄と、その写真の人が似ているように、私にも思えたんですよね。まっ、末の弟さんですから当たり前かもしれないですね…。

会ったことのない母の従兄を、こんな形で知ることができるとは思いませんでしたから、おもしろがってあちこちのぞいてみたんですが、そのうちに、そのあちこちで定番のように出てくる内容が、わたしが父から聞いていたのと違っているのに気がついたんです(実は、亡くなった時の話も、おばに聞いているのと違っています。人を助けたことでなくなってしまったのは同じなのですが…)。

結婚したばかりの父は、亡くなる前のその方と祖母の実家の宴席で隣り合わせ、その時に、その方が深くかかわっていた、だれでも知っている有名選手に対して、どんな方なのか、そしてその方にどんな感じを受けているかなどを聞いたというんです。

ネットでの話を読んでいて、不意に思い出した父の話の内容は、書かれているのとはかなり違うんです。なのに、いくつもある中でその違う話が当たり前のように語られている。ちょっと驚きでした。これは、故意になのか…、知らずになのか…。

もしかしたら、新米の…ではあっても身内だという気安さが、公には言わずにいたことを話させてしまったのかもしれませんね。いや。おもしろい経験でした。


画像は08年の初雪のです。こんなもん撮っちゃってと思っていたのですが、今年はここまでも降りません。…というか、白くならないし…。一昨年のお正月。豪雪のために国道を走っていた車が動けなくなり、2日間を車内で過ごした人が多数出たところだなんて考えられませんよね。何故なんだろう~。