出逢うべきこと

イメージ 1

 ここ2日ほど、「夏のしつらえ」と言うやつに取り組んでいます。「ん? 少し前に、そんなこと言ってなかった?」と思ったあなたは、ここではかなりの通です。
 その通り! 洋服の入れ替え、置物や敷物などを換えて、それで一応終わりにするつもりだったのですが、ふとした気の迷いで、片付けても片付けてもなくならない書類をまた少し整理したり、部屋の模様替えもしてみようなどと、思い立ってしまったのです。
 夏日の中、本来なら2人で動かすだろう家具も、ひ~ひ~言いながら1人で動かしたりもして、結局2日がかりの作業となってしまったのですが、捨てるか置いとくかをより分ける書類の中に、またおやっ? と思うものを見つけてしまいました。例によって、いつ書いたんだか、何で見たんだかは、書いてありませんけど。

 1.この世で何があろうが、目くじらを立てない訓練をする(完全にそうなるのは難しいとしても)。
 2.何かをしようとするとき、「これをしたら、私は安らげるかしら?」と、自分に聞いてみる癖をつける。
 3.緊張したり、心配したり、不安になったりしないで、自然に身を任せ、ただ信じること。そして、導きを待つこと。必ずそれは訪れるのだから。

 こんな風に書いてあります。思わず方頬だけを緩め、「ふっ!」っと笑いました。たら~っと汗が流れていたかもしれません。いや。暑いからじゃなく、この頃の私は、この逆をやってたかも~と思えたからです。でも、ナルホドな~。
 「前にも何か感じたからメモしていただろうのに、ほんとに進歩がない女…^^;」と思い、ふと思い出したのは、森信三さんの言葉。この前の、「人生、出会うべき人には必ず出会う。しかも、一瞬遅からず、早からず」という、あれです。人も出来事も同じですよね。今の自分にかけていたから、これに再び出会ったのかもしれません。とにかく、目の前にこれをピンナップ。
 とりあえず、もうひとがんばりして、2.をクリアと行きましょうか。