楽しくなくちゃ…

イメージ 1

 

 

 

 今日も雪のちらつく寒い日…。こんな日は、慣れれば勢いで歩けるのですけれど、まだ始めたばかりという人には、「炬燵の方がいい」ってことになりますよね。
 

 そんなとき、力になってくれるのが歩数計です。私の場合、「私は1日に何歩くらい歩いているのかしら」ということから始まり、歩数計を身につけてみて、あまりの少なさに愕然とし、「これじゃ仕方ないか」(何が…)とため息。そして、一念発起したという「歩きマニア」としてはあまりに王道のきっかけがありましたから、歩数計はもう、友のようなものです。

 

 その割には、ウエストに止めるタイプの歩数計を、水溜りに落っことしたり、トイレに落っことしたり、洗濯機で洗ってだめにしたり、挙句の果てには、着替えのときにうっかり置き忘れ、ストーブで温めてしまったりとかなり友を傷つけてきました(当然、その友とはさようならでした。今は、誕生日にもらった腕時計型のを使っているので、水溜りやトイレで落とすということはなくなりましたけど)。

 

 私の場合、何のことはない。不注意での別れでしたから、いくつも買ってお金はかさみましたが、慎重なあなたなら大丈夫!(どんな人が知ってんのか)。安いのなら、1000円しないくらいのシンプルなのがあるのも、魅力です。そう。100円ショップにもありましたね。


 ずいぶん前には、『たまごっち』や『てくてくエンジェル』などの、育成ゲームタイプのがありました。あれも、「いい子を育てなければ…」という使命感(?)を刺激されて楽しかったですね(しっかり歩くといい子に育tち、あまり歩かないでいるとグレて、まったく歩かないでいると〈身につけないでいると〉、手紙を置いて家出するという仕組みになっていましたよね)。いろんなタイプがあると思うので、春を目の前にした今、お気に入りを探してみるのもいいかもしれないですよ。

 

 

 

 

※20019年11月15日追記

今は、スマホに歩数計の機能がついていますよね。その分、身につけるタイプのにはあまり出会えなくなりました。でも、私は今もつけるタイプのを使っています。スマホに歩くことをチェックされて管理されるより、この昔ながらのやり方の方が楽しいからです。私のようなものぐさなやつにとっては、楽しくないと続きませんから。