何通りものbirthdayの過ごし方

 今日のこの日は、とにかくあれこれ言わずにおめでとう!ですよね。ずっと見守り続けてきたそれそれも、パーティをなさる方があったり、私みたいに、気持ちだけ~って人もいたりして、それでも心のどっかでその人ことを思いながら過ごす日―。
 
 たくさんいいことを経験させてもらったし、ここでおもいがけずであえた、いろんな方たちとお話しさせていただいてるし、そして、それは思いもしなかった方向だたけれど、「あの子」を知るまでは興味さえ持つことのなかったことまで学ばせてももらってる。そんな人はもう出てこないだろうなと思います。
 
 何を考えているのか、何をやろうとしているのか、そこのところは今はよくわからないけれど、 「あの子」が変わることはないんだと思う。で、たぶん、自分では想いもしない出来事で、「あの子」は動かされていくだろうなってこと。でもそれは、きっといちばんいい方向なんだろうってこと。わかるのはそれだけ。
 
               
                   絶対的な過去はない。
                   絶対的な、未来もない。
                   あるのは、選べるいくつもの「今」
 
 ここでも書いたけど、私が今年の初めに触れた言葉です。誰かではなく、あなたにとっていちばんいい「今」を選んでください…とか言ってみる。そうそう。来年のカレンダーが出るそうな。「ほんとに新しい画像のだよね?」と、ついでに嫌味も言ってみる(爆)。
 
 そんなこんながありつつも、お誕生日おめでとう! 生まれてきてくれて、ありがとう。
 
 
 
イメージ 1
                   うちの子たちからも(SPバージョンで)