びっくりの年明け

イメージ 1

 明けましておめでとうございます。穏やかな年明けをお過ごしでしょうか。

 いや~。こちらは、びっくりの年明けでした。大晦日に雪が降り続いているという話はしましたが、ここまで降るとは思いませんでした。テレビニュースでごらんになった方もあるかと思いますが、このあたりでも一気に60~70センチは降ったでしょうか。

 生まれて初めてです。こんなに降ったのを見たのは。母も、初めてのことと言っていますし、これまでの記録にもないそうです。おかげで、元旦も降り積もった雪開けに追われるわ、家の前の道路もすぐに雪に覆われてしまうので、お参りに行くどころか、近くのコンビニに行くことどころか、庭の隅にある物置にもいけないわと、散々な年明けでした。

 ただ、鳥取県西部のスキー場では、このあたりの雪の降る方になれているはずのスキー場の方がなだれに巻き込まれたり、タンクローリーが滑って道をふさいだ国道では、約1000台の車が動けなくなり、降り続ける雪の中で年を越すどころか、元旦夕方まで動けず、県に要請された自衛隊の方たちがそれぞれの車にガソリンを配って歩かれるという騒ぎに。線路沿いの木が倒れたりしたことで、進行途中のJRの列車もそのまま線路で立ち往生。救援に走った除雪車も脱線してしまう(当然運休)と、最悪の流れ…。当然食料を運ぶこともできないわけですから、食べ物も飲み物もなく昨日の夕方まで過ごされたようです。

 そういう中で過ごされた方達には、あんた達のは災難じゃないといわれそうですね…^^;。

 でも、です。今年、これまでにない「困ったびっくり」があったということは、これまでにない「いいビックリ」もあるかもしれないということ。物事、いいように考えないとね。

 今年もよろしくお願いします!