ありえない! 変!

イメージ 1

 雪が消えません。少しだけ消えても、それを補う(?)だけの雪が降ったり、多少は解けても、とにかく平年気温よりはるかに低く、最低気温には氷点下の温度が見え隠れする天候の中では、それも大幅には望めず、ウォーキングしたくても、歩道に私の腰よりも高く積まれた雪が硬くなって道幅にあるんです。

 つまり、歩こうと思えば、今日あたりは雪のない車道(それもまだ完全ではない)を歩くしかないのですが、そうなると、車が来れば,その硬くなった歩道の雪の上に。それは、あなた、小さな岩に這い上がるようなものなんです(T.T)。

 週末見たローカル番組での専門家の方の話を聞くと、この辺りの雪は、北海道辺りの雪と比べると、おなじ量で10倍以上の粘着力と重さを持っているそうで、一回固まった雪を、それもここまで硬くなった雪を砕くことは到底無理。

 明日も雪マークがついているし、いつになったらまともに歩けるんでしょう。3週間以上も雪があるなんて、生まれてはじめての経験です。ありえない! 




ちなみに、真夜中に雪景色を撮ると、こんな色に写りました(元旦の夜の雪が降りしきるなかの、紅葉の色がもうひとつのもみじの木です)