うそ~~~!!

イメージ 1

 一昨日、家の改造のために、届いたままほったらかしてあった鉄素材のガーデンチェアを組み立てました。カタログ販売でお安くなっているのを買ったのですが、ま~、ボルトを締めたりするのにかなりの力が必要で、安さに目がくらんだ自分のおばかさ加減を思い知りました。

 結局、シーズンオフで、組み立ての費用もないから安かったんですよね…。これが腕力自慢の女性か男性ならすんなりできたのかもしれないけれど、腕は太いけど腕力はないし…ーー:。

 何とか組み立てたはいいのですが、力任せにボルトを締めたりしたことで手首を痛めてしまい、昨日は未開封のブルーベリージャムをあけようとしても、手首が痛いだけで、ふたはびくともしないんです…(T.T)。

 そんなことがあったから目に付いたのか、買い物に出掛けたホームセンターで、ゴム製の「びんのふたあけ」なるものを発見! 思わず手に取りました。

 実は、私の叔母は軽いリュウマチで、指先に余り力が入らず、金属製で、はさみのようになっていて、ふたの部分をはさんで回す大きくて頑丈なふたあけ器具を使っているものですから、ゴム製のそれを見て、「手が滑らないのはわかるけど、こんなので開くの~? やっぱり力がいるんじゃないの~?」と思いました。でも、家には待ってるビンがある。とにかく買ってみることにしました。

 帰ってさっそくジャムのビンを取り出し、そのふたあけでふたをつかんで、力いっぱい……、ん? 力いっぱい…、ん? 今のは何? 今の出応えのないクルリは何? と思ったら、開いてる?! 力も何もいりません。はさんでクルリとするだけで、ちゃんと開くじゃないの~。何これ~~!!

 母のお友達が夏の終わりにサークルで作ったといって下さったっきり、ふたを開けられずに冷蔵庫のお荷物となっていたケッチャップも、なんのことなくクルリ。「防腐剤は入ってないから、長い時間はもたないと言われてたけど、全然大丈夫じゃないの」といい気分になったあと、調子にのって今開ける必要のないものまで、クルクルリ…。

 腕力はないけど、メいっぱいの力を加えれば、何とかビンのふたを開けることはできる私。でも、これさえあれば、もうあんな力を入れる必要はないのねと思うと、緑の物体がいとおしいこと、いとおしいこと。輝いて見えました。このなんとも頼りない物体が、こんな威力を示してくれるなんて…。ありがたや~~。

 「とっくの昔から使ってるわ~。知らなかったの~?」というあなた。いや、初見のやつは驚きますってば!