まるい背中

 外出の帰りに、ショッピングセンターに寄りました。蒸し暑い日に、あれこれのお買い物をするには、ショッピングセンターが便利ですよね。

 買いものを終えてすぐ帰るつもりが、急に食べたくなって、ソフトクリームを。すぐそばに、80代の後半かなぁ(顔の感じや、着てらっしゃるものからして)のおばさまがひとり、足をかわいく揃えてちょこんと座ってらっしゃいました。お買い物がすんで、ちょっと休憩って感じです。

 その隣には荷物でいっぱいのリュックが置いてあります。見ないふりしてちらっと見ると、もう一つ持ってらっしゃるレジ袋に、ブロッコリーらしきものとおそうさいが入っていたようなので、月に何回かまとめてのお買い物…とかいう、このあたりの方でしょうか。

 うちのあたりでは、近所にあったスーパーが撤退して、不便になりました(その代わり、、コンビニは増えました)。小さいのはあるんだけど、元あったスーパーとは比べものにはならないんです。というか、欲しいものが置いてないんで、結局こうして車でちょっとだけ来たところにあるショッピングセンターで買い物をすることになるんですね。

 このおばさまも、お買い物に不便なところにお住まいなのかなぁと思いました。結構大きさリュック(それもパンパン)でしたから。平日の日中一人で、それもけっこう多めの荷物となると、お一人暮らしなのかもしれません。それとも、「私がやらなきゃ、誰がやる」と大活躍のおばさまなのでしょうか。

 おばさま、よいしょっと立ち上がられて、、「燃えるゴミ」のコーナーに何かを捨てに行かれます。行き来する、ちいさく丸い背中。その間にふと気がついたのは、おばさまが、ニューバランスのスニーカーをはいてらえっしゃるってことでした。これくらいの年齢の方からすると、そして、着てらっしゃる服の趣味からすると、ちょっと意外なチョイスです。まっ、それはそれでいいんですが、お孫さんか子供さんのプレゼントかなぁと思ったりして…。

 戻って来られたおばさま、ふうっと一つ息を吐いて、リュックをひょいと背負われました。心なしか胸を張った姿(いや、自然にそうなるのか?)が遠ざかっていきます。












イメージ 1



  おばさま着用は、こんなようなやつでした