呪(しゅ)か真実か…

イメージ 1



 また、行ってました、出雲大社…。例によって母の術後の検診の後ですが…。出かけるときにちょっといじった時にデジカメが作動せず、バッテリーのためではないかと思いつつデジカメを置いていったので(帰ってからバッテリーを買って交換してみたら、案の定起動!)、スマホでいくつか写真を撮っています。その分、まったく写真の整理ができていないので、それはまたにするとして―(また今度が重なるなぁ)。まっ、結局はおんなじような写真なんですけどね。

 ところで、眠りに入るのに有効な、「ゴールデンタイム」っていうのがありますよね? 午後10時あたりから御前2時ごろまでの4時間。あれって、ホントかなぁと思っていたんです。時刻は関係ないという説もあるし…、人間は機械じゃない。こうすると動けるとか、これくらい寝るといいとかいうのは、個人差があるんじゃないかしら…なんて。

 でも、今回の場合、出先でそばに母がいる分、受動的に寝るのが早くなるんですよね。で、そのゴールデンタイムとやらにベッドに入っていたんで、さらにいつもよりかなり長い目にベッド(旅館でしたけど、和式ベッドだったんですね)に寝てる分、な~んかいつもと体調が違う…ような。で、帰って来て12時から寝てみたんです。…って、それって普通じゃない…といわれるかもしれないけど、私には普通ではなく、とんでもなく早い時刻だったんですが、それを二日続けたら、えらくフットワークが軽いときたもんだ。これは、言われてることを目にしちゃったからそう感じてるだけなのか(こういうの、呪_しゅ_をかけられるとかいいますよね)、ホントにそうなのかは不明ですが。

そう言えば、前にどっかで見た、「どうも体調がすぐれないと思う時は、ゴールデンタイムに3日続けて寝てみるといい。必ず改善するはず」という、江原啓之さんの言葉は本当だっのか…とかいうのも、ちらりと思ったりして…。

 特に体調が悪いと言うわけではないのだけれど、そんなこんなで今夜 もう一日その時間の間に寝てみて、どうなるか試してみようと決めたんです。さぁて、どうなりますやら(…って、もう12時過ぎてるし…)。




 ※画像は、トウハトのキャラメルコーンで冬の時期にだけ入るというハート型。今年の初め、袋の中から見つけて何気なく撮ったんだけど、もうすぐそんな時期だなぁと思い、とくに意味もなくのっけてみました。この冬も入るのかなぁ。