44の意味

イメージ 1

昨夜しっかり寝たら、体調とともに回復してきた頭で、ちょっと思ったことがありました。

この半月ほど、「44」という数字をやたらに見るんです。その時々に見た時計の数字なんですけど…。4時44分をはじめ、携帯(電話)に出るようにしている時刻の秒なんて、44でないことがないくらいです。どうしてかしら。

4という数字に出会うと、にやりとするようになってどれくらいでしょう(数えればわかるけど)。だから、それが良くない数字だととらえることはないけれど、ここまでしつこいとね…。

何か気づかせたいことでもあるのかしら(誰が?)と、コーヒー片手に検索してみると、わかってきたことがありました。時計で「44」を見てる人って多いんですね。結構あることみたいです。びっくりしました。で、一部の人以外は、嫌だな~って思っているみたいですよ(…って、わかったのはそこかい!)。

まっ、それはそれとして、調べた中では、「4が重なっているわけで、幸せ(4合わせ)を意味する」とかいう、「なるほど~。うまいうまい(パチパチ)」な話をはじめとして、エンジェルナンバーというのでは―

『今、大勢の天使があなたとともにいます。これらの天使に、あなたと愛する人々に安らぎをもたらすことなら何でも助けを求めることができます。天使にどうやって状況を修復してほしいのかではなく、ただ修復してほしいとだけ頼んでください。創造主の神々しい無限の知恵は(天使を通じて)あなたをすばらしい解決へと導いてくれます。』

―という意味になるらしいし、もともとヨーロッパでは、「4」は天使の数、安定、安心を表す数字だと言われている…とかいうのもありました。

修復してほしいとだけ頼めばいい? じゃ、あれこれ修復してもらいましょ。修復して!

とにかく、悪い意味はありませんね、やっぱり…。ええ。ヨンに悪い意味なんてないんです。