いや~。そんな手があったか!

 昨日は、思わぬお祝いをありがとうございました。とても嬉しかったです。まったりですが、さらに前に向けて書いて行きますので、どうぞよろしくお願いします。

 さて、今日、3000円君が到着しました。特に設定に戸惑うこともなくセッティング。ただし、用紙を収納するところはありません。後ろに差し込むタイプね。用紙をけっこう多めに入れでも大丈夫みたいです。これまで使ってた複合機より、良く言えば華奢なつくりだなとは思いましたが、印字はやっぱり文句なし

 ただ一つ、「音が大きい」とレビューで読んではいたんだけど、印刷前の、「ゴトン! ゴゴッ! ゴゴゴゴ‼」って動作音にびっくり。一瞬壊れたのかと思いましたもん。まっ、これは使ってるうちに気にならなくなるんだろうなと思います。これで、安心して印刷できます

 実際に触り、印刷してみると、「これで3000円?」って、改めて驚きました。ところが、それよりもっと驚いたことがありました。それは、Amazo○の新しいレビューの中に。

 このプリンタの機材より、これに使うインクの方が高いという話はこの前書きましたよね。だから、インクがなくなったら(あるいは、機材と一緒に)、何回か詰め替えできるインクを買おう…。こう考えるのが私のような普通の人です。ところが、レビューにあった方法は違いました。何と、インクより機材が安いなら、(最初のインクは付いている)その機材をまた新しく買えばいい…だって

いや~。びっくり。確かに、理屈ではそうです。損もしない。むしろお得です。でも、まっ。私はいいや。


イメージ 1


                         3000円君は、こんなやつです。