3000円君

イメージ 1

 暑い暑い昨日今日(数日前書きましたが、使っていたプリンタにトラブルがあったので)、ネットでプリンタを探していました。で、見つけたんです。何と、3000円台(!)のプリンタです(Aazon価格)。ちょっとびっくりでしょ? これまで使っていたのとはひとケタ違いますもん。

  メーカーも申し分なし。ただし、レビューによると写真の出来が今イチらしいんですね(十分だという人もいらっしゃいますが)。さらに、これまで資料を取り込むときなんかに使っていたスキャナーもついてない。文字を印刷する…ということにポイントを絞ったものらしいんです。

  「う~~ん………」(頭撹拌中につき、しばし遠い目)。

  よく考えてみると、私は文字を印刷する目的でプリンタを使うことが一番多いんです。このプリンタ、その文字がきれいなんだそうな。で、今まで使ってたプリンタは、印刷ができないだけで、スキャンは普通にできますから、パソコンには取り込めます。…ということは、とりあえず、それをスキャニング用に置いておけばスキャンはできるということ。きれいな写真を印刷しようとさえ考えなければ、とりあえずは用が足りるんですよね。

  更にレビューを読みこんでみると、スキャナを使ったり、写真なんかをプリントする以外の用途で、「セカンドプリンタ」として使ってらっしゃる方もあるみたい…。「そうか。今焦って新しい複合機を買わなくてもいいんだ。改めてじっくり検討してから買えばいいんだよね」…ということにも気が付きました。

  このプリンタ、「使うインクの方が高い」という欠点があるらしいんですけど、それこそ○mazonなら、定価の半額近くで、何回かの詰め替えインクも買える…。ということは、インクを含めても、一回外食を「エア外食」にする程度で買えるということですよね。

  実は、あれこれ調べてみると、高機能機もいろいろ変化しているらしいです。コンパクトで高性能になったはいいが、名刺みたいな小さいのが印刷できなくなった(これ、かなりの機種でそうみたいです)…とか、プリンタ内での用紙の保存がこれまでのようにはできなくなった…とか、多量のハガキは一気に印刷できない…とか、私を含め、今までの機種に慣れている人からすると、使いにくくなっている部分もあるみたいなんですよね。その反面、印字にこだわった、この3000円君もいる。彼(彼か?)は何と、高機能機で出来なくなった名刺作りも得意らしいんですよ。機種の選び方が、前より細かくなってるってことですよね。

  そう言えば、私は外…とくに旅に出かけるときには、「ポメラ」を持ち歩くんです。簡易ワープロ…とでも言ったらいいようなものです(ワープロなので、ネットはできません)。文書を保存するには、本体かSDカードに。SDカードをパソコンに放り込むか、スマホとつなぐかすれば、文書は送れます。小さくて、文書を作るということだけを考えて作られたもの。これ、文字を打つには使いやすいです。もちろん、パソコンよりも、はるかに安いです。結局、3000円君はそれと同じかもね。

  それにしても、3000円台はありがたいです。感謝しながら使わせてもらおう。そう思いながら、只今ポチッ。

 明日は、雨が多いのかな。体調を崩さないように、梅雨を乗り切りましょうね。