地震の告知って、こういうものなのか~

イメージ 1

まだ早朝の、ちゃんと目覚めていない頭に、「防災無線」の、こういう時に流されるように設定されていただろう無機質な声が、大きな揺れがくると伝えました。

その声が終わらぬ前に横揺れの振動です。とりあえずは頭から布団にくるまって様子を見ましたが、もう十数年前になるというのに、しっかり体で覚えている阪神の大震災の時よりは軽い…と感じました。

それからすぐに携帯(電話です。はい。まだスマホじゃないんです)に、メールが。震源地を知らせ、これからの注意喚起を促すためのメールでした。

それからは体感する揺れはなく、大変なことにはならないだろうと分かった途端に、「そうか。大きいときには、こういう放送が流れるんだ~(防災無線が配置されてから、大きな地震は初めてのことなので)」とか、「スマホや携帯には、こんな風にメールが入ってくるわけね~」と、そっちに感心したりするんですから、現金なものですね。

重症を負われた方もあるということで、どうぞ1日も早く快復されますようにと願いますが、大きな被害が出ていなくて、原発も平常運転していると知ると、やっぱりほっとしました。

それにしても、地震告知。このタイミングじゃ、ちょっと遅いなぁ。