遠道(再掲)

イメージ 1

                      『遠道』
                              
                    いつからか
                    愛という ことばを畏れ
                    いつからか
                    好きだなんて 
                    気楽に いえなくなっていた

                    振り向かせる 芸当なんて
                    身につけずに しまったの
                    倒れそうな 自分を
                    ささえるのに 夢中で

                    体じゅうの 吐息 
                    外にはきだせば
                    心は からっぽ

                    あなた 以外は…