イメージ 1

                       『指』
           
                    いつだって 約束の場所に
                    ちゃんと 待っていてくれる
                    骨太なのに 華奢にみえる
                    肩の線が 好きだよ

                    その影に さからうように
                    強い線の 指が 好きだよ

                    一緒に いるときの 笑顔が好きだよ
                    左腕に 感じる ぬくもりが 好きだよ
                    それなのにー

                    いつからか その自信が
                    鼻に ついている
                    いつからか あなたのことばが
                    お説教に 聞こえてる

                    -どうして?

                    あなたが 夢を 語りだすたび
                    わたしの 心は ため息をつく
                    ひとつ ふたつと 
                    ため息を つく