胸が痛い

イメージ 1

 

 

 

 これまで例を見ない大掃除の途中、とんでもないものに、出くわしました。いえ、あることは当然知っていたのだけれど、箱ごと出してはしまいしていたこれまでの大掃除では、手をつけなかった箱ー好きな曲をいっぱいつめた、ミュージックテープがぎっしり詰まっているものーです。


 「あ~」。


 いつか入れなおそうと思いながら、押入れの奥に置いていたんです。もしかしたらいらないものもあるかと箱を開けてみると、入っている曲の名前さえ書かれていないものもあり、これはもう聞いてみるしかない。でもこれは、一日一本聞いたとしても、一月や二月では到底おわらない量です。

 ため息をついたそのとき、ふっと聞きたい曲が浮かんだんですね。憂歌団の『胸が痛い』。大好きな曲です。ボーカルの木村さんのハスキーなシャウトに、ほんとに胸が痛くなる、名曲だと思います。これもいつか書いた、『おまえを救けにいく』同様、リアルタイムではなくて後追いで知った曲です。

 ところが、この中にあるはずだと、いくら探してみても、どうしても見つからない。見つからないと、余計聞きたい。でも、見つからない…。ついに私は、歌いました。歌うしかなかったんです(爆涙)。

 


           おまえに 恋して
           俺の こころは ボロボロ
           割れたガラスのように
           なってしまったのさ

           あの頃 知らずに
           生きていた 
           こんな淋しさ
           知らないままで ずっと
           いられたら よかった


           胸が痛い 胸が痛い
           心が はりさけそうだよ
           胸が痛い 胸が痛い
           せつなすぎて うずくまる

           (中略)

           俺の胸の 叫び声が
           俺には いつでも 聞こえる

           胸が痛い 胸が痛い
           ほしいものは おまえだけ
        
           胸が痛い 胸が痛い
           心がはりさけそうだよ
                 
           胸が痛い 胸が痛い
           こらえきれず うずくまる




 (意外にも、この作詞は、『おまえを救けにいく』と同じ、康珍化さん。画像は少しずつ片付きつつある中、完璧に片付け終わった空間…の一部)。