美しくない話がお嫌いな方は、読まないでくださいネタ

イメージ 1



 上のタイトルを入力しようとしたら、「詠まないで」と変換。短歌か!と思わず突っ込んだあと…、こんなこと話さなくいいんじゃないか…と思いつつも、「オクラ水」をふっちゃった手前、言っといたほうがいいだろ…と思い直し、記事にすることにしました。ただ、あんまりきれいな話ではないので、そういうのの嫌いな方は、どうぞこの先を読まないでくださいね。

 さて、私は普段便秘には縁がなく、数日にわたる旅行や病気の時(飲みなれない薬のせい?)以外は、「基本一回」というやつなんです(そうそう。それのことです)。オクラ水は、「生のままヘタを切り落とし、切り口を下にして一晩つけた水を飲む」わけですから、、「多少気になるなぁ」などと思いながらも一日一回飲み始めたんです。一週間近くになるでしょうか。そして、あれはそう…3日前のこと。「基本1日」が、何と「特別3回」になったんです。全量としては、多少多いかなぁという程度ではあったんですけどね。

 昨日は朝からあわただしく、落ちついて「基本一回」があったかどうかを振り返ることもなかったんですが(ほれ、日常的に「基本一回」ですから、気にすらしない)、ただお腹の下の方が、痛いという感じではなくて、ちょっとチクチクする感じがしていたんです。時々ね。ただ、とんでもないほどの違和感ではなかったんで特に気にもしていなかったんですね。

 そして今日。ええ、今日です。「一日一回」のノルマを果たしたくなり、「そこ」に行ってはみたものの、無理絶対無理

 脂汗…までではないものの、経験がないしんどさでした。実は、2~3週間ないのも珍しくないという従妹がいるんですが、彼女のしんどさはこれくらいなのかも…と思ったりしました。「そこまで来てる」のにやっぱり無理なので、気持ち悪いままあきらめて退出。それを二度ばかりくりかえしたんです。そして、三度目。私は覚悟を決めました。どんなに苦痛だろうが時間がかかろうが、出す出して見せると…(どういうだ)。

 気持ち悪さに耐えられなくなったんです。今日は一日家にいたこともあって、「そこ」に立てこもり、とんでもなく頑張りました。もしかしたら、切れ○になるんじゃないかと思うほど…。いえ、それを通り越していたかも…と思うほど。そして…、とうとう私の頭の中にロッキーの勝利した時のBGMが「エイドリアン~」。違うか…。

 あ~。すっきりした

 そして、見た「そこ」の中。何と、かなり太めのバナナ状のものが二本

 ………
 これは何

 初めて見ました、こんなの…。こんな大きなものが自分から出てくるなんて…(再び、しばしこう着)。不思議に嫌な匂いがないのが救いでした。そういえば、オクラ水は腸の掃除をしてくれると書かれていたような…。もしかしたら、「基本一回」で快調(快腸?)だと思っていた腸の中にたんまりと老廃物をためていて、オクラ水の成分がそれをどんどん集め、追い出してくれたのかも…。オクラ水の成分にとって、私の体内で一番に気になったことだったのかもしれませんね。オクラ水。あなどれないかもしれません。明日も飲みます。まっ、こんなことはもうない…よね?