あんたもしゃべるか!

イメージ 1




 先日、大雨警報と避難所開設のお知らせの流れる中、「ぶっ壊れた」とお話した洗濯機の後がまがやって来ました。実は、使っていた洗濯機は購入から10年くらいたつもので、たとえ直してもらっても、またどこかがだめになったり、「もう部品が…」とか言われるだろうと判断して、新しいものを購入することにしたんです。

 量販店に行ってみると、必要だと思っていなかったものだから、お店に行くことはあってもしっかりと見なかったからか、洗濯機の機能が恐ろしく増え、かつ性能が良くなっていること、そして、その金額も、「壊れたから買いに来ました~」と気楽に言える金額より少しお高くなっている…ということに驚かされました。

 まぁ、部活でどろだらけになった少年が帰ってくるわけでもないし、大体どこのでも我が家で使うには問題ないだろうと思っていたんですが、うちの母には「某メーカーのがいい」という信念があるので、そのメーカーばかりを見ていたんですね。それなのに、機能の質問をしたくて話しかけた店員さんに、在庫一台限りの別の国産メーカーのを勧められ、あっさりと変更。ええ、そうです。「かなりお安くしてくれる」という話になったからなんです。そして、もう一つ言えば、↑でも書いたように、特にとんでもなく汚れたものを洗うわけでもないわが家では、国産メーカーのであれば特に問題はないだろうと思っていたからでもあります(ああ、私はね…)。毛布も洗えるみたいだし…。

 そして、その後母御待ちかねの洗濯機が到着。セッティングしてくれた配達のお兄さん、「これ、簡単に操作できるけど、その気になれば、細かい設定をして使える、すごい機能のですね~。それに、しゃべりますよ」。

  「しゃべる?」。それはお店での説明では、聞いていなかったことです。

 「しゃべりますよ。ほら」と電源オン。すると、「こんにちは! お洗濯大変ですね」とかわいい声が…。

 「いやいや。大変なのはあなただから…」と突っ込みたかったんだけど、「一応コースの説明を」と続けてくれたさらなるタッチで、「お洗濯を始めます。きれに洗いますね

「 ……………」

 何なんだ、このかわいさは…。何なんだ、この、すこ~しずれた気づかいや、それでも頑張るぞって姿勢は…。

 それにしても、炊飯器からIH、エアコンから洗濯機…etc.って、、いつからこんなにしゃべるようになったんだろう。





※画像は、量販店の外壁~。