とうとうスマホに…

イメージ 1

当分ガラケーでいいわと思っていた私の携帯(電話)の反応が、少し遅くなりました。

こういうことがあってから、あの『悪夢(?)の「ヨ…」騒動』が起こったので、またディスプレイが真っ暗になってからでは遅いとショップに出かけ、「絶対ないとは言えない」の言葉をもらいました。

※これが『悪夢(?)の「ヨ…」騒動』
http://blogs.yahoo.co.jp/hikari2038/61942443.html

それならと新しい携帯を探して、「これだけ?!」という現実を知った私は、スマホのカタログをもらって帰り、この夏あれこれ見てきたのですが、とうとう昨日スマホに換えてきました。

手続きの長いこと…。まっ、しょうがないですかね~。

これまでもタッチパネルのある携帯だったので、そのあたりは大丈夫だろうと思っていたのですが、実際の(?)文字キーがなくなった上に、敏感に関知しずぎるディスプレイの反応に、例によって説明書も見ずに挑んだ私は、しっかり翻弄されてしまいました(あれ、慣れもあるでしょうが、右利きの人のほうがちゃんと感知してくれる気がします。私の様に元々は左利きで、携帯では左手の親指だけで文字キーを叩いていた人間は、試しに右指でやってみた時よりミスが多い気がしました)。

一応ちゃんと理解できているのは、電話とメール機能と、ネットのあれこれくらい。まっ、ちょっとずつですね。

ちなみに、私は、像のババールではなく、コスモスの花のカバーにしました(笑)。ちょっと地味ですか?