十八夜

イメージ 1

           『十八夜』
                 
        夢見るように 鈴虫のうたう
        まだ あさい 宵のこと
        遠い山の 写真集
        雑誌みたいに めくってる
   
        ただ ぼんやりと
        頬杖でみた
        窓の そとには
        欠けだした 月


        満ちていくより 欠ける速さは
        思いがけずに 加速度ついて
        心細さも はずみが ついて

        なにも できずに 泣くに泣けない
        おろかな月が   
        ここにも ぽかり