ウォーキング再開!

イメージ 1

 とうとう昨日、再開しました。まだ少し履いた感じに違和感はあるけれど、すれた感じも多少はあるけど、まずまず無事な滑り出しです。一歩一歩大事に歩く。うれしくて、うれしくて…。こんなに大切に歩いたことはないって感じです。歩けなかったわけでもないのに、へんに感動…。笑ってやってください。
 実は、前に階段から落っこちたたことがあったんですね。そのとき、下の方の段に置いていたワープロをかっ飛ばし、ひざ小僧の下の方がぱっくり割れて手術。歩けないどころか、足さえ突けないことが少しだけありました(幸いそのほかは、頭を軽く打った程度ですみ、骨折も免れ、お医者様に、「内容からするとこの程度で済んだのは、奇跡に近い」と言われたけど)。運動神経にそう自信がないはずの私が、即座に松葉杖をマスター。初めて行ったトイレで、事故で鞭打ち、オマケに骨折という、立てなくなった「先輩」を、片足立ち、その上杖一本を支えに救出(大げさ!)して看護士さんにほめられたのも、今ではいい思い出です。
 でも、あのあと「歩いていいよ」と言われたときの、「歩くって、どうするんだっけ?」と思う感じ、多分しばらく歩けないことを経験したことがある人なら、わかると思う…。前に足を出せばいいという理屈はわかってるのね。でも、どうやったらいいのか、わからないの…。私は10日ほどだったけど、その間に体が忘れてしまってるんですよね、歩くとかいう以前に、足を前に出すということを…。
 今回は考えなくても歩けるよ~と、お馬鹿な私は思ったのです。前に歩けるよ~って…(だから、だめだったのは、かかとだけでしょ…なんですが)。そして、わずか2キロで昨日は終わり。これまでの私からすると、遊び程度です。でも、この充実感。そして正直にいうと、少し疲れました(笑)。初めからやり直しです(それと、ピラティス!)。でも、歩けなかった時間の中で、それまでとは違う、とても素敵なあれこれを得られた気がしています。大事にしようと思っています。