霧雨

イメージ 1

                          『霧雨』
                
                      「止まないね」
                      「止まないね」
                      空を見上げながら いった

                      「止まないね」
                      「止まないね」
                      うつむいて つぶやく

                      強くにぎられた 手を
                      にぎり返しながら
                      やまなければいいと 思う
                      雨宿りのような 恋

                      「終わらせない」と
                      いってくれても
                      晴れたときの 空の青さ 知らないほど
                      わたし 世間知らずじゃないよ

                      それでもいいの?   
                      このままで いいの?