オットケ・ソウル(hikari的初めてのソウル旅)9

イメージ 1

イメージ 2

 青磁に白磁、そして弥勒菩薩に会いに国立中央博物館に来た私。それぞれを見て歩き、ちょっとアイスオミジャ茶にお菓子をつまんで休憩したあと、1階の高句麗のコーナー(^^)などさらに見るうちに、しっかりお昼を過ぎていました。

 博物館のフードコートでお昼をと思いましたが、まだおなかがよかったので、もう少しあとで、どこかで軽いものを食べることにしました。うちにいる間に「お一人様」でもOKなよさそうなお店を調べてきていたので、夜はそこに行くことを楽しみにしていましたし…。それが…、それがあんなことになろうとは…ーー;。

 中途半端な時間になってしまったので、「そうだ。いまのうちに買い物に行こう」と思い立ちました。東大門市場などにも行ってみたいと思っていましたが、それは夕食の後でもいいなと、とりあえずホテルから近いロッテデパートに。

 まずスッカラ(スプーンのようなやつですね)を探します。頂き物のスッカラの使い勝手がよく、うちでは食材を混ぜたりするのにもスッカラが大活躍なんですね。それのちょっと違うタイプのがほしかったんです。

 見せていただくと、柄(というのかしら?)の部分にいろんな模様が刻まれてるのがあって、私はコスモスが刻まれているのを買いました。ほかにも、あちらならではかもしれないなと思うような絵柄もあって、迷ったんですけどね。興味のある方は、ぜひ探してみてください。あれは、けっこういいおみやげにもなると思うな。

 それから、地下でちょっと買い物したり、免税品店でフェイスショップを冷やかしたり(おいおい…^^;)しているうちに、お昼も食べていないので、俗に言う小腹がすいてきた…というやつです。私、ふっと天井を仰ぎます。

 今回の旅では行かないつもりだった「かの方」の聖地(?)のひとつ。「TEA LOFT」が上にあるじゃありませんか。「行ってみるか…」。

 おもしろいもんですよね。そこへの行き方は、前に公式サイトでそう意識もしないで読んだことがあるという程度なのに、覚えてるんですよ。確か12階でエレベーターに乗り換えるんじゃなかったっけ?って…。はい。あっさりと見つかりましたよ、エレベーター^^v。

 そして入った店内には、年齢さまざまな方たちがいらしゃいます。私は、ややひっこんだ壁際の席を選びました。そして、メニューから小豆粥とゆずのアイスをお願いします。一瞬、「夕飯大丈夫か?」という想いがよぎりましたが、「別腹、別腹…」という悪魔のささやきが…。

 ところが、まず出てきたゆずアイスに@@;。私の感覚でいえば、ゆうに3人分(下手すれば4人分)の量のアイスが、ドカ~ンとお皿に載ってるじゃありませんか!

 しばらくは放心状態でそれを眺めたあと、とりあえずスッカラ(スプーンかな?)を進めている間に、お粥がやってきました。日本的なお粥のイメージではない、デザート感覚のお粥はおいしかったのですが、傍らの巨大アイスが頭から離れません。

 そうそう。無理なら残せばいいんです。ところが、あったかいお粥をいただいたあと、ゆずアイスが大好きでおまけに貧乏性で、ここでものを残すのか?と思った私は、やや溶けかけたアイスも全部平らげてから席を立ったのでした。

 それからのことを思い出すのも恐ろしい。どうなったかって? そりゃ、えらいことでしたよ。ホテルに帰って、何度トイレに通ったことか…。え~。え~。食い意地張ってたさ~。おなか冷えたさ~。ホテルの近くをふらつくのがやっとだったさ~。夕飯なんかとても食べにいけませんがな~(T.T)。

 こうして2日目の夜は更けていったのでした。あ~ーー;。