鳥取砂丘イリュージョン


 やっと年末の買い物に。まだ買いたいものはあるんだけど、取りあえず、どうしても必要なものは手に入れてきました。時間を考えなくていいお出かけだったので、ちよっと居残って、『鳥取砂丘イリュージョン』に。この時期の鳥取(市)の夜の風物詩です。今年の砂丘美術館のテーマ(アメリカ)に沿って、メインはこんな感じ。

参照『スタバはあるが、砂場もある』


イメージ 1


 久しぶりに出かけてみたら、資金難で主催者が変わったとかでずいぶん簡素になっていました。まっ、それはそれ。いくつかある屋台でちょっと小腹をみたし、ライトアップの中をぶらぶらと歩きます。


イメージ 2


 これも24日までとか。冬の間、もう一か所わりと近場でライトアップが楽しめるとこがあるんだけど、そっちは来月の末までやってるらしいので、完全に地区の役員と縁が切れる来月行ってみようかなぁ。


イメージ 3

 それにしてもこの一年、何にも考えなくていい、こんな時間を忘れてた気がします。