雪舞う夜に

イメージ 1

                  『雪舞う夜に』

               生まれたときと同じ 雪の夜
               ”今夜はずっと一緒だ”と
               はしゃぎ加減で言ったひとは
               しゃれた言葉を 言うでもなくて
               あっという間に 眠りについた

               眠りそびれて ため息ついて
               ”ずいぶんじゃない”とつぶやいて
               その肩にそっと あごを預けた

                ”ねぇ
                あなたが教えてくれた強さを
                私は どれくらい学べたかしら
                あなたがくれた やさしさを
                私は どれくらい返せたかしら

                そんな言葉を 返したかったのに”


               ”しばらくは貸しだね”             
               閉じたまぶたが つぶやいた
               ぱらぱら雪の 音の中