アントニオの歌

イメージ 1

 

                    『アントニオの歌』
            
                  真夜中の部屋
                  ゆるい ボサノバのリズムが
                  スピーカーから ながれてる
                  なにげなく 肩に まわされた 腕
                  いれてくれた コーヒーの 香りが
                  渦巻く 心を ほどいていった

                   どうしようも ないね
                   不器用すぎて
                   もう おちこむのは
                   おわりにした はずなのに

                  こらえきれずに こぼれる 涙
                  その肩で とめても
                  なにも きかないで いてくれるのが
                  うれしかった
                  何も いわないで いてくれる 腕が
                  あたたかかった
 
   
                 だれも 救えない
                 わたししか ない
                 わかってるんだよ
                 ほんとうは…


                 見上げる瞳 うなずくひと
                 甘えすぎてて 情けない

                 立直って みせるよ
                 ほほえんでみせる
                 だから お願い
                 いつも 心の芯にいてー