37万3515人

 SMAPの存続を願う人の署名が、宙に浮いいているようです。その数、37万3515人分!

 すんごい数です。ところが、彼女たちがこれを持ち込もうとした事務所は、最初は受け取ると約束していたものを、事務所の移転をしたところなので、ファミリークラブとやらを開いてないということで、年内の直接持ち込みを拒否。ついでに、「郵送なら受け取るけど、受領証明はしないよ」…と言っているそうな受領証明書を書かないということに、どんないいことがあるんだろう…。むしろ、その方が不味い気がするんだけど…。

 かしこい事務方がおられれば、表向きは上手に受けとっといて、(見もせずにほったらかしていたとしても)「皆さまのお気持ちは十分理解し、検討を繰り返しましたが…」との一文で、上手に切り抜けると思うのだけど…。まっ、そういう意味では、わかりやすくて誠実かも…(嫌味)。

 署名を受け入れないということ(受け入れないとははっきり言ってないけど、結果としてそういうことになる)が、どんだけ自分たちのダメージになるのか、ほんとにわかってないんだろうか…。37万3515人の署名。それはつまり、計算上、日本の国民三百人何十人に一人の想いですからね…。

 実際、すでに動きが出ています。いちばんの稼ぎがしらのグループの新しいCDの最初の売り上げの枚数が、一説には10万枚以上、別の一説には16万枚以上と書いてあるものもあるんだけど、とんでもなく落ちたんだそうですよ(結局はどっちも10万枚以上か…)。一枚3000円くらいとすると、大まかに言えば3億以上の減収(?)となったその理由を、「メンバーの女性スキャンダルがどうのこうの…」などとマスコミでは書いているようだけれど、その減収の中には、今回の騒ぎでこの事務所自体や、それに関わるグループが嫌になってしまったという人の分もあったのではないか…なんて推察したりします。あまりにうそばっかりの、そして、人を人とも思わない中傷や、誠意の見られないこういう態度を見せていれば、こうなることが予想できなかったんでしょうかね…。ええ、これからはもっとです。何せ、日本の国民三百何十人に一人に喧嘩を売ったんですから(まだも言う…)。

 ここまで来たら、クリスマスイブあたりに、想いもかけない(いや、もしかしたら一番望まれている)プレゼントでもしないと、えらいことになるかもしれませんよ…なんて、とりあえずつぶやいておこう。

 ということで、今日は、「おごり」や、「むさぼり」を踏み潰すといわれる仏様をなぞってみました(ちょっと怖いよね…)。



イメージ 1