チビタムの温泉案内(?)

イメージ 1

         ども。チビタムです。また拉致られてきました。今日は~。えっと、今日は~。

                ボディガードA 「チビさん、皆生(かいけ)温泉です」

イメージ 2
 
               知ってるよ、そんなこと。それにチビじゃないから。チビタム!

                   ボディガードA 「わかってますよ、チビさん」

                    だから、チビタムだってば!(ぷいっ!)

イメージ 3

             ボディガードA 「チビさん、すねてないで、ちゃんと説明しないと」

イメージ 4

                       あっ、そっか。皆生温泉の効能は~。

          私 「チビちゃん。そこの露天だけは、温泉じゃないんだってさ。気持ちいいけど…」

                         じゃ、どうすりゃいいのさ~!

    私「効能もいいけど、窓の向こうを見てごらん。そのず~っと向にうは、デカタムさんがいるんだよ」
イメージ 5
        
             デカタムさん…。いるんだよね…。ねぇ、おいでって呼んでみようか。

             ボディガードA「チビさん。ここで叫んでも、聞こえませんから…」