トマトな話(強風その後)

イメージ 1

 雨と強風が一晩続き、風邪の通り道にあるトマトの木(?)は、やはりダメージを受けていました。ただ幸いなことに、ダメージを受けたのは、強風でこすれあった葉っぱが多く、枝が折れてしまっていたり、はみ出して寒さでしおれていたりするのを取り除いてやると、トマトの実自体は、2/3ほどは無事でいてくれたのがわかりました(どうも、園芸土のの方がタフなようです)。

 それ以上の事態を想定していましたし、昨日の記事のコメに書いたように、私はいささか欲張りだったかもしれないと反省していたところだったので、ダメージを受けた部分を切り落としてやりながらも、「よくがんばってくれました。ありがとう!」という気持ちでいられました。残った元気な部分は、夜や気温の低い時はまわりを覆ってやるようにして、何とか熟させてやりたいと思っています。

 







 (やっぱり水玉のナイロンに包まれたトマトの姿は無粋なので、昨日の熟しトマト色の衣装に代わって、熟しトマト色の背景を探してきました…って、何でトマトにこの画像じゃーー;)