新しい地図を書くということ~ホンネって何~ちょっと加筆

イメージ 1



※少し書き足しました。

 見た人の大半には好意的だったらしい「ホンネテレビ」。その感想の中(あるいは、見てないのにそう聞いて勝手に語っているのかも)には、数こそ少なかったけれど、「解散の理由どころか、「彼ら」の長男N君の名前さえ出せないなんて、ホンネでもなんでもないじゃないか、タイトルがおかしい」…なんてことばを吐いてる人が何人かいました。

  「ホンネ」と、なんだかの「暴露」というのは違います。まして、「これまで言えなかったすべて暴露します」なんてタイトルに書いてあるわけでもないから、タイトルに偽りがあるわけでもないしね…。語らないということだって、立派な「ホンネ」なのにね…。

 たとえば、一人もそれに参加しなかった「いちばん大手のお笑いさんの事務所」があったこととか、局の番組のCMが多かったその番組のスポンサーに、大手の飲料メーカーが加わっていたこととか、「前事務所への忖度から出演する人がいなくて、番組放送自体無理かも」とか書き立てたとこがあったり、末っ子君が、「友達がいない。友達ってどこに売ってあるの?」と自分の番組でギャグにしていたのに、その末っ子君をはじめとして、3人ゆかりの人やそうではない、番組や彼らの生き方を意気に感じてくれた人たちが100人を遥かに越えるくらい出演してくれたとか(というか、結構末っ子君がらみの人が多く、「大事に思ってくれてる人がたくさんいるじゃない」と思いましたが)、72曲ライブの前に、「僕たちには(持ち)歌がない」と話したことを含めて、「いろんなホンネ」だらけだったじゃないの、あの番組…と思ったんですよね、私は…。

 この最後の「持ち歌がない」という言葉、「彼女たち」にはちょっとショックだったようなんですが、言った本人は、特別な意味を込めて言ったわけでもないと思います。ただ、「(「彼ら」の曲の)曲名を言うと叱られる」と話したことからも(I君だったかな)、「事務所を出て行くのだから、あんたたちが歌ってきた曲には、タイトルを含めて触れないと一筆書きなさい(あるいは、そういう契約書にサインしなさい)」とかいう言葉があっただろうということは容易に想像できましたけどね。

 そうそう。「彼ら」の長男N君が、自分の番組で、「ガラケーだし、PCもってないし…」とか話したんそうです。さらに、放送ではカットされてたそうだけど、「だから、abemaTVなんか見られないよ」と話したというんですね(収録されたのは、「ホンネテレビ」放送の最中だった)。それをつぶやいたのは出演した方で、N君の話を聞いてた裏のスタッフが、「普段特定の局の名前なんか出さないのに」と、にやっと笑って話していて、粋だなと思った…なんてこともつぶやいてらっしゃいました。更に、「彼女たち」はこうつぶやいていたんです。「タブレット持ってるし、自在に操ってるけどね」(おいおい)。

 そういえば、話はちょっとすれますが、まともに信じてはいけないと常に思っている報道の記事に、こんなのがありました。今回の「ホンネテレビ」が放送されることになったことを知った「ある事務所の副社長さん」が、今回放送したabemaTVの40パーセントの株を持つというテレビ○日に、「なぜ教えなかったのか」と怒鳴り込んだというんです。

 その時テレビ○日側は、「全く知らされていなかった。公式に発表されてしまったからは、うちにはどうしようもない」と答え(abemaTV側も、報道機関に対して「伝えていなかった」と答えている)、生放送の1週間前には、その番組に参加するはずだったテレビ○日のスタッフが、見解の相違で全員撤収した…とも報道されていました。決裂という感じでね。

 ところが、その放送が終わってそうたたないある土曜日、末っ子君がつぶやいたんです。「(その番組で)お世話になったスタッフの人たち」と、(彼だけが)一緒に食事会をしている…と。それどころか、その後、「みんなに、インスタ映えするからアップしろ」と言われたと、飲んでいたカクテル(?)の写真も載せたんですね。不思議でしょ?

 だって、お世話になったスタッフの方との食事会だというのに、スケジュールで行けないのなら仕方ないとしても、残りの2人がそれをまったく知らされていなかったと、それぞれつぶやいていたんですよね(そのとき、I君が位置情報がわかる状態でつぶやいてしまうというドジをやらかす)。

 末っ子君はその後、土曜の夜にテレビ○日でやっていた番組が始まる時間にあわせて、番組のタイトルコールの時のセリフそのままの言葉をつけ、番組の相棒だったアナウンサーさんと、先ほどアップしたカクテルのグラスを掲げた画像をアップしたんです。

 …ということは、その集まりは、そのアナウンサーさんが混じってもおかしくない人たちの集まりだったということになります。ええ、ええ。そういうことです(もしかしたら、彼の番組の、だったのかも…)報道通り、放送一週間前に決裂して全員手を引いたということなら、「お疲れさま~! 乾杯!!」なんて和やかに出来る状態でも、「インスタ映えするからアップするといいですよ~」なんてわいわい言いながら末っ子君をのせる状態でもないだろう人たちと、末っ子君はうれしそうにご苦労さん会をやっていた…ということになりますよね。
 
 決裂ねぇ…。ふっ、ふっ、ふっ

 さて、寄り道して長くなっちゃったので、本筋に戻してもう一回続けますが、言わないことにこそ、見えてくる風景がありますよね