人は学ぶもの

イメージ 1



「いやぁ。すごいなぁ…」と、思わずつぶやいてしまう。ええ、あのグループのことです。いろんな記事が出てくる、出てくる…。ところが、結局本人たちはほとんど(映像としてはまったく)「語ってない」という現実…(本当のことが語れない…が正解?)。

 結局のところ、記事は出所が推察できるものばかりですね(私が見たのは…)。記事になった段階で、最低でも書いた人の想いも加わるわけですから、元々記事というのがそのままの真実を語ってはいないということもあるんだけど。

 信憑性のある話のように見せたかったのか、そこにいた人の名前まで書いちゃってるから、関係者がとは言いながら、「(そこにいた事務所側の)その当人から聞きました。ただし、あとのことが怖いから、事務所にとって都合のいいように、話をすり替えたり、真逆の嘘までついて頑張って書いてます」と言っているようなもの(ファンの人のブログを見ると、それが客観的な事実としてわかります)。

 ですから、寄り添ってきたファンでもない私にでもわかるようなことを、どうして書くかなぁ。そりゃ、「あの子」の件で鍛えられているから、「どの社も右に倣えの記事は、『誰かにとって都合のいい意図』で操作しようとしている記事だ」ということが瞬時にわかってしまうってのは、一般的ではないかもしれないですけどね。

 おかげで、〇○セブンは、ほとんど「事務所のお抱え雑誌だ」とか、某ビッグネームのアイドル女性歌手さんが、どうしてあんな風になってしまったか…とか、どなたかの結婚の時に反対したのはだれか(記事では逆になってるようで)とか、知らなくていいことまで知ってしまいましたよ(そう仕向けた人の名前が、ネットで今回読んだ記事にありましたから、その方の指図なんだなとわかります)。詳しくは書きませんが、そりゃ、精神を病むよ。病まなくても、深い心の傷になってるでしょうとも。

 人は学ぶんです。いたい目にあうたびに…。まして、ここのファンたちは年齢層が幅広い(このあたり、「あの子」と同じですね)。人生経験を積んでる人も多いし、さらには、彼らにずっと寄り添ってきているから、事務所の人たちよりも、彼らに対して愛情を持っているし、彼らについて知っていることも詳しくて多い。ひいき目に見すぎているところもあるだろうけど、そう簡単には騙されません。まして、こういう偏った記事を出されたら、よけいに記事を信じなくなる。こんな記事を書いていると、売れてない雑誌はもっとどんどん売れなくなっていくでしょうね。すべての工作が裏目に出るってこと、わからないかなぁ…。

 正直な話、彼らのファンの人を甘く見ていたと思います。そういう記事を書けば、自分たちの都合のいいように動いていくだろうと…。そういう時代ではないんです、今はもう…。それがわかっていない。

 いえ、少しはわかっているらしく、ツイッターを使ってのファンの人の話の中で、「これはこうなのに、こういう記事はおかしいよね」という話が出てくると、その疑問を納得させようとするような記事が速攻で出てくるというんで、「おかしいと思っても、すぐにツイートするのはやめよう」という約束ができつつあるみたいです。

 例えば、若い方のK君が(あのK君ではなく…って、どのKだ…)、まだ幼いころに、年かさの方のK君にもらった、修理までして大事に使っていた財布を今も使っているかどうか…。それによって、記事じゃなく彼の気持ちがわかる…という話が出た途端、「もらった財布は、(しばらく前から)もう使ってない」という記事が出る…。ところが、ネットの時代ですから、「今月初旬のテレビのロケの時に、それ使ってお土産買ってた」というような目撃談がすぐに出てくる(ついでに、「関係ない自分にまで挨拶して、手を振ってくれた。いい人だった。オーラが違った」…なんてオマケの話まで目にしてしまう)。でも、話した途端そういう記事が出たんじゃね。

 もう人を操作しようとしない方がいいですよ。「あなたたち」が思っているよりずっと、彼らは男女を問わず多くの人から愛されている。つまり、あなた達が噂や記事で操作できる存在ではないんだということを、知るべきです。それくらい、大きな存在になっている…ということ。それをあなたたちが傷つけてしまった。あなたたちが知るべきは、こちらです。

 彼らにもっと考える時間を与えてほっておく方が、お宅の事務所にとってもおいしい話になると思うんですけどね、って言いたい感じ。今のままをやってると…、先はね…。

 ちょっと、入れ込んでるなって思うでしょ? 私は、「あの子」の公式サイトのボードにかかれる、愛情あふれたスレが好きでした。それを読むのが楽しみでした。そこに集う人も…。そこでの怒りや哀しみも…、切なさも…共にして来た。ついでに、ここをのぞいて下さっている方の中には、よ~くお分かりの方もあると思いますが、青臭いほどに「こういう理不尽なこと」が大嫌いなんです。だから、彼らのファンの人の想いについつい心を寄せてしまうのかもしれませんね。