姫の住処~賣沼(めぬま)神社~ その2

イメージ 1

 
賣沼神社の並びには、因幡の白兎のお話を説明する石碑や東屋があるだけの、「八上姫公園」がありました。特に何があるわけでもないんだけど(けっこうほったらかしてある…ともいう)、むしろそのことが心地よい、穏やかな公園でした。

イメージ 2

イメージ 3


イメージ 4


 クローバーの群生に四つ葉を探したり、のんびり座ったりして時を過ごし、帰り際参道に向かい、遠くからもう一度手を合わせました。

イメージ 5

 賣沼神社の境内から見える曳田川。この川の向こうの山の中には、八上姫の御子のお社があるそうです。川を挟んでずっと母と子は向かい合っているんですね。
 
イメージ 6

 そこは、山沿いの小さなお社でした。ごく当たり前の道路沿いに、特に飾り立てたところもなく。たとえば、突然の困りごと…。通りすがりにその参道に駆け込んで、「神様どうぞ」と手を合わせていきたいような。