8時間ダイエット

イメージ 1
 出先で、シャッターを押したつもりじゃないのに押していて、それに、なぜか「4」という数字が写っていたというだけの画像…(長い説明)。これは、 内容とは全く関係ありません。

 さて、この間ちょっとお話していたダイエットのお話です。実は今、偶然テレビで見た、8時間ダイエットというのをやってみています。知っている方もあると思いますが、8時間ダイエットというのは、1日に食事をしていい時間を8時間に限るというものです。これはたとえば、朝7時に食事したら、午後3時以降は食事ができないという、とんでもないことになります(つまり、やる時間の設定が大事)。

 水やお茶、コーヒー(なるべくブラック)などは、その他の時間でもOKですが、8時間以外は、食事もおやつもだめです…。何より16時間、使いまくっていた消化器官を休ませてやるというのが大事らしいですから。やると、いちばん顕著に変わるのが内臓脂肪だそうです。つまり、激しい運動をするわけでもなく、食事の間を置くだけで内臓脂肪が減るという、体力いらず、制限時間以外は食べたいものを食べればいい、制限なしのダイエット…ということになります。

 私は、朝をコーヒーだけにして、午後1時くらいに最初の食事。で、夕方は普通に…という形にしました。つまり、夜の9時までなら、スイーツも果物も、普通にいただくわけです。さっき書いたように、それはいい、これはだめ…とかいう食べ物の制限もなし。むしろ、余計な制限はしない方がいいんじゃないかと思います。ストレスになるから…。

 出かけるときは、自分一人ではない場合もあり、ひらきなおって午前中でもおいしいものを付き合うということにしているので、全部をまじめにやった場合とは少し違うかもしれませんが、朝をコーヒーだけにして3週間。3キロ近く体重が落ちているみたいです。見かけはまだ大して変わりません。何せ「お肉貯金」がありますから…だいぶ慣れましたが、やっぱり午前中はきついですね。だから、いろんなものを(甘みのないもの)を飲んでいます。でも、そこを乗り切れば、おまちかねの食事が待っています

 実はね、この頃思っていたんです。おなかがすいて、ごはんを「いただきます!(ワクワク)」って感じで食べることがなくなってるなぁ…って。これでいいのかしら、って…。そう思っていた矢先に、このやり方に出会って、「16時間の食の空白時間を作るっていうのはいいかもしれない」と思えたんです。で、時間以外は制限もないとなれば、「とにかくやってみよう!」という気になるのに時間は必要ありませんでした。

 何せ、これまでちゃんと3食(時にはそれ以上)食べていましたから、1日2回の食事となると、面白い変化が起きてきます。おなかがすくのはもちろんですが、料理をこれまで以上に、香りを感じながら食べているのに気が付きました。もしかしたら、ちょっとオーバーペースになっているときがあるかもしれませんけどね食べるものも、「おいしいものを、(家だと)ちゃんと手をかけて作って、ちゃんと食べよう」と、欲張りにもなります。

 気がつくといえば、特に何かを食べているわけでもないと思っていた時間にも、たとえば、のどあめを口にしていたり、ちょっとそこにあるチョコをつまんだり…。たくさんではないけど、そいういうことをやってたなぁとも気づきました。

 お仕事によっては、これはできないという方もある方もあると思いますが、午前中空腹でもなんとかなる方は、一度やってみられるのもいいかもしれませんよ。お医者様も、「体力のないご老人でもできるダイエットだ」とおっしゃっていましたから。いつものようにウォーキングしても、特に問題はありません。ちょっと体を動かすのに軽い感じがするってくらいかな…って、実際少し減っていますが…。

 ただ、ちょっと思うことがあります。それは、私たちの体は機械ではなく、それぞれの人がやることをあれこれ持っているということです。だから、きっちり16時間開けると決めつけなくてもいいんじゃないかと思うんです…。場合によっては、15時間くらいになることもあってもいいし(その方が自分に合うと思えば、それを標準にしてもいいし)、上で書いたように、8時間以外の時でも、時にはおいしいものを楽しんで食べる…。それくらいの臨機応変さがあっていいと思うんすよね。心の平穏のためにも。だから、その方針のもとにやっています。

 さて、こういう調子でいつまで続きますか…。とりあえず、3か月を目標にしています。