クリスマスではないけれど…

イメージ 1

 年明けから続いた『眠い眠い病(当たり前すぎるものの、自ら命名)』が、やっと過ぎた、正気に戻ったと思ったら、世の中には、びっくりすることや、哀しかったり、切なかったり、寂しかったりする報道がてんこ盛りじゃないの…。どうしたんだ、一体… 

 ただ一つだけわかっているのは、「力の強い側(あるいは、そっちについた方が、自分が利益を得られるだろうと思える側)」にとって、都合のいい記事を書き、報道をするのが今のマスコミだということ。そして、部外者の私たちには、本当のことはわからない、ということ。

 思えば、なんにでも通じるすごい真実を教えてもらったなぁ、「あの子」のことから…。ええ、勝手にだけどね…



 これはクリスマスの歌だけれど、この男の子のストーリーは、バレンタインにも合うかもね~と思っていたんです。こんな訳のわからない時だから、そして、バレンタインデーも近くなったから、ちょうどいいかな、ちょっとくらいは安らいでもらえるかな…と思って、持ってきてみました。いい夜を、ね!

 『ファースト・クリスマス』  K