願い事のボーナス期間?!

イメージ 1

いきなりですが、毎月書いていい「新月の願い」。それとは違う、「最大パワー周期」というのがあるんだそうです。知ってましたか?
 
時候のせいなのか、その期間は願い事の「ボーナス期間」だという話題を拾ったんです。これは、「新月の願い」というのを提唱し出した、ジャン・スピラーという方の本に書いてあるらしいのですが、私は新月の願い関係の本を目にしたことはあるものの、実際のその本を読んでいないので、「何それ?」という感じでした。例によって、関係ない検索ワードにヒットしたものを見たことから見つけたんですが…。
 
 月の力を利用して、新しいことを始めるといいというこの日に願いを書くのが、「新月の願い」。これはみんなが同じ日ですよね。この「最大パワー周期」というのは、その人ごとに違うんだそうです(というか、全然違う時に生まれた人が、同じ期間という場合もある)。その人が生まれた日と時間、そして出生地によって作る出生図(ホロスコープ)によって割り出すものだそうで、占星術に詳しい方にわかりやすく言うと(っていうか、詳しい方は、「最大パワー周期」自体を知ってらっしゃるかもしれないけど)、自分のホロスコープの11ハウスに太陽が入る時期が、「最大パワー周期」。その11ハウスは、希望、願望の部屋なので、そこに太陽が入っていると、希望や願望に関わる出来事が活発になる=願いが叶いやすい…ということみたいなんですね。
 
 その「最大パワー周期」は、その人にとって、1年のうち最も強いパワーが下りてくる時期。誰でも3~5週間の期間があるらしいんですね。その期間は最大40件の願いを受け付けてもらえる(その期間内なら、思ったときに書き足して、最終的に40件以内にすればいい)ということだそうですから、「新月の願い」より4倍は強い時期…と言えるのかな、数字でいえば…。期間も長いですね。
 
 ただ、スピラーさんによると、「その時期の願いは劇的な威力を持つ」そうで、かなうスピードもびっくりするほど早いこともある…とか。あまりの変化で不安に襲われたり、怖さを感じてしまうこともあるので、その40の願いの中に、「この最大パワー周期の後に、私が感じる、あらゆる恐れや拒否的感情を楽々と乗り越え、何事も思い通り運びますように」という願いを足しておくといいと書かれているようです(多分、内容的に同じなら、自分の思う言葉でいいのだと思いますけどね)。
 
 それ以外にも、願いをかきまぜられる分、子供のころから心の底に貯めてきた、周囲などから刷り込まれている否定的な想いなども浮かんでくることもあるそうで、そういうのが浮かんできた場合は、紙に書いてその日が終わる頃に破り捨てる…か、小さな穴を掘って、破ったものを燃やして埋めたりするといいそうです。不安要素をかたずけとけ!ってことかしら。でないと、そっちがかなっちゃうぞ‼ってことで…。
 
 そういえば、「最大パワー周期」に関わることで、ではないのですが、自分の、否定的だったり、不安だったりする想いが浮かんできた場合は、それを感じた時に、トイレットペーパーに否定的なまま書いて、一つまみの塩を包み、そのままか、灰皿などでそれを燃やすかして、トイレに流す…というのも聞いたことがあります。これも、有効かもしれませんね。結局は、その否定的な想いを「処分するというアクション」に意味があるんだと思いますから…。
 
 (この周期の割り出し方は、自分でやるとややこしいので、ジャン・スピラーさんの公式サイトで割り出してもらえるんです。で、私も面白がってやってみたんですね。ただ、英語でのものなので、わかりやすく書いてくださっているのを使わせてもらいました。それ、最後につけておきますね)。
 
 「それを言っちゃ、おしまいよ~」と言われるかもしれないけど、その方法自体ではなくて、どれだけ自分がそれを得られると信じるかが願いを叶える鍵だと思うので、叶うか叶わないかはそれぞれに違うだろうなとは思うんです。思うんだけど、気持ちの中にちょっと引っかかったことがあるんですよね。
 
 私の「最大パワー周期」は、1214日~18日なんだそうです。その日付を知って、びっくりしました。私のいとこや友人、知人には、1213日生まれが何人もいるんです。で、私にとって、後々何かの意味をもってくる出来事の「いいお知らせ」があるのは、そのほとんどが、この1213日だったんですよね。
 
毎年ではないにしても、そして、関係者にこの日生まれの人がいるってのは置いとくとしても、1213日にそんな「知らせ」があるっていうは、一体何でなんだろう…と、常々思っていたんです。これに当てはめてみれば、その年によってわずかに日付が前後するらしいとは言っても、その日は、私の「最大パワー周期」イブの日だったということなんですかねぇ。それを思うと、その日から事が動き始めたというのは、ごく当たり前だったのかもしれない…なんて思えたりして…。
 
 ただ、私はその「お知らせ」のあった出来事が起こるのを、意識していたわけでも、願っていたわけでもないんです。降ってわいたような幸運でした。いや。何かのきっかけを探してはいたかなぁ…。でも、その日にじゃないですもんね…。ずっと前ですよ、その日より。ただ、1213日って何なんだろう…と思っていたことの答えは、これで出たように思えます。私が納得すれば、それが答えですから。

 今年のその始まりの日が、あと10日ほど先に近づいています。






ジャン・スピラーさんの公式サイト
https://www.janspiller.com/granddaddy-power-period/


やり方は、こちらで。

結果は、メールで送られてきます。





 

 画像は、先日泊まった皆生温泉のあたりから見える大山だそうです。これを皆さん撮ってらしたんですね。