せめて一杯のコーヒーを~真夜中のひとりごと~

イメージ 1
 
 
 
不安を駆り立てるようなあれこれを目にしたときには、コーヒーでも入れましょう。おいしいお菓子でも傍らに。
 
いっぱいいっぱいでは、疲れてしまう。心に別腹分のゆとりを。
 
 
 
…って、こんな夜中じゃ、ウエストが気になるかぁ(爆)。