48分間

イメージ 1
 
 
 今となれば、なんでそんな話になったのかわからないんだけど、知り合いに言われた言葉です。
 
 「48分間、心のおしゃべりを止められる?」
 
 何でも、それだけの時間心の中で黙っていられたら、「心が整理されて、生きやすくなる」とある本で読んだんだんで、やってみたんだそうです。
 
 「一回やってみてよ。どんなに自分がおしゃべりだったかわかるから…。まぁ~。びっくりすると思うわ」
 
 で、昨夜寝る前に、面白がってやってみました。スマホのタイマーをセットして。
 
 心のおしゃべりを止めるってことは、何も考えないということです。48分間なんて楽勝だと思ってたのに、これって、やってみると至難の業なんです。何も考えないでいようと思っても、次々にいろんな考えが浮かんできます。それをす~~っと流して…。と、思っている自体が考えているってことでしょ。また、「まだ48分間たたないのかな?」とか思うのもそうでしょ? 彼女の言う通り、どれだけ自分が心の中でしゃべっているか…を教えてもらった48分間でした。
 
 それでもね、無念無想っていうか、そういう感じになれる瞬間も何回かあったんです。そういうときって、心(って形があるならだけど)が真上からつるされているように、まっすぐだって感じられたんですよね。変な言い方だけど…。これがもっとたくさん感じられたら、いや、48分間ずっと心のお喋りをしないでいられたら……、私は尼さんになれるかもしれません(爆)。
 
 「座禅みたいだな」と感じたんで、そんな風に思ったんですけどね…。いや。これって、確かに出来たらけっこうすっきりして、何か変わるかも…。
 
 
 
 
 
 
画像は、母の実家の菩提寺のそばで…。ええ、座禅つながりです。