ふとももの赤い花

イメージ 1

太ももの赤い花…と聞くと、ちょっと妖しげで色っぽい感じがしますよね。なのに、すいませんね、こんな話で…。

ちょっと前、お風呂に入ろうとして、あらっと思ったんです。小さく赤くなってたんですね、太ももの一部が。引っ掻いたか何かしたのが炎症を起こしたようで…。

大したことはなさそうだったので、すぐ良くなるだろうとそのままほっていたら、えらく治りが遅いんです。というか、心なしか赤みがましているような…。

別段不潔な生活をしていたわけじゃありません。何やかやあって、抵抗力が落ちていたのかもしれませんね。

でね、クレオパトラの時代に倣って、オリーブオイルを薬がわりに塗って、バンドエイドで保護したんです。「昔、オリーブオイルは、美容液であると共に薬であった」というのを本で読んで、家にあったオリーブオイルで試してみてうまくいって以来、小さな傷ができたりした時には、このやりかたで十分よくなっていたからなんですが…。

ところが、炎症はそうよくならないのに、朝晩2回交換したバンドエイドの粘着シートの部分が赤くなっていたんですね。こんなことも、普段はないことです。

そうなると、粘着シートを貼る位置を少しずらすわけですよ。で、次の時も、その次の時も…。

そして、何回か繰り返した昨日。とにかく痒くてしょうがない! ようやく元の炎症は癒えましたが、そのせいではありませんでした。バンドエイドの粘着シートを貼り続けたところが、赤くなって跡を残していたからなんです。ええ。まるでマーガレットの花の花びらのよう…ーー;。

で、私は懲りもせず、その部分にオリーブオイルを塗りましたとさ(おいおい)。








※画像は、もちろんマーガレットではありません~^^;。