「あの子」の名前を叫んでみた

イメージ 1

いや、どうかなっちゃったわけじゃないんです。昨夜、スマホの充電をし忘れていた私、充電しつつ掃除をしたりして、コーヒー片手に100%の充電を確認してコードを外し、たままた出会った言葉を調べようと、Googleをタップ。調べ終わって、ふっと思ったんです。

 「マイク印を使ってないな…」

そう。あれこれの検索ページにしてスマホに向かってつぶやくと、その言葉を検索してくれるという、あれです。やっと一応のことに慣れたところなんだけど、やってみるか…と思いました。

何を聞いてみよう…と思ったのですが、調べたい言葉は今調べたばかり…。で、思いついたのが、↑です(爆)。どんなものが引っかかってくるんだろうと思いながら、ちょこちょこっとつぶやくと、「あん? ヒョンジュン~?!」

発音が悪いのかともう一度やってみましたが、どうも変。わかった。たぶん、こそこそっと言うのが悪いのね。しっかり発音だわ。で、思いっきりはっきりと区切りつつ、大き目な声で叫びました。

ええ、ええ。もちろん出ましたよ。どど~っと。だが待て。あたりに響き渡った、「ペ!ヨン!ジュン!!」。お隣の犬がえらく吠えてる…。気が付けばすぐ近くにある窓は全開。暑くもないのに思わず汗が…。

思えば、初めてだ。この名前を叫んだのは…。いや。様なんてつけて叫んだこともないし。っていうか、何やってるんだろう私…ってのは置いといて…。

すぐそばに人がいなかったようなのが救いだわ。いや。その直後からのあの臆病ワンコの吠え具合は、威嚇されたか、怒られたかと思ったのかもしれない…。聞こえたか、窓がすぐ近くにある左隣のお宅には…。いや。あそこは土曜もお仕事だから、高校生と中学生の男の子だけだわ、きっと…とか、頭の中で疑問と希望的答えのエンジェルマーク(エンドレスで輪を書いている)。

もう笑うしかない状態…。

でも、気を取り直してもう一度やってみました。抑えめの声ではっきりと、「コーヒー」(目の前にあったから)。

「ピポコン!」。

出た…@@;。この程度でよかったんだ…ーー;。










(どの画像にするか思いつかなかったんで、通りすがりのかわいい子を…)