越後屋の現在

イメージ 1

新しいパソコンになって、ひと月以上がたちました。

だいぶ使い慣れてきたんですが、いまだに「何だ、これ…」と思うことが、使っていくごとに出てきます。大体の機械物は、理屈はどうあれ(というか、こう扱っている限りは、おかしなことにはならないというルールのもとにやっているので)、とにかく使ってみて覚えるんですけど、このWindows8…、どうもいけません。

スタート画面(と言っていいのか?)の中に表示される項目で、「これ、何だ?」と思って下手にクリックすると、「ここに入って、こうすると、いいものが使えるよ。便利だよ~。そりゃ、『いるもん』いる時もあるけどさ。ほんっと、いいよ。どう? やってみる?」と必ず出てくるのが(もちろん、そんな言い方じゃないけど)、まず煩わしい。ある程度いらないものは削除しましたが、またあれだよと思うと、クリックする気が失せてしまうんです。

そりゃ、それを取り入れれば、楽にもなるんでしょうが、多少の不便は慣れてしまっている、「あの子」のこちらでの登場から今年5月までを一つのPCで見守ってきた私。むしろ、人が便利だということの方が、不便だってこともあるんですね。以前どおりの、もしかしたら回りくどいやり方のほうが楽だったりするんです。

うちの越後屋(my PC)には、「あんたは、そんなこと言わんでよろしい!」と言って聞かせるんですが、何せ越後屋は機械です。それも、Windowsの回し者ですから、必ずその都度同じことを言いやがります(言葉が汚くてすいません…^^;)。ほんと、もっとスマートなやり方はないのでしょうか。まして、ほしい情報のありかを宝探しの様に探せという態度が気に入りません。ウォーリーを探せじゃないぞ!と言ってやりたくなってきます。

ただ、先週だったか、Windowsが8の改良版を出すと発表したと新聞に出ていましたから、市場に出たら、それに換えてやろうと思います。換えればもっと使い良くなる…かなぁ…。

とはいいながら、以前より良くなったこともあります。8の内容はともかく、越後屋は、とにかく静かです。あまりに長時間向かい合っていると、切った後、耳がしばらくの間変だったり(残音…と言っていいようなものがあったり)した前のPCからすると、驚くほど静かです。さらに熱。これまで湯たんぽを前にしてキーボードを叩いてるような感じさえしていたのに(夏の湯たんぽ。地獄じゃ…ーー;)、ほとんど感じないですね。

さらに、ワイヤレスのキーボードやマウスって、ほんとに快適…。その上、長老(いつの間にか名前がついている前my PC)からすると、考えられないほどの「あの子」の画像の美しさ…。こんなにきれいだったの~?ってね。

えっ? わかってますよ。これはすでに7からあったこと…。ええ、ええ。わかってますとも…。でも、そうでも言ってほめてやらないと、越後屋の立場がありません。何だかんだ言ったって、最後はほめてやりますとも。ほめれば伸びる子なんです、越後屋は…。