バランスボール その後

イメージ 1

山陰以北の日本海側の皆さん。また雪が降りそうですね。

あれこれの掃除も未だなのに、このまんま大晦日あたりまで行ってしまうんでしょうか。体調がおかしかったこともあって、ここまで何にもやってないんですよね。となると、随分前に年末に聞いた友達の言葉を思い出すんです。「人間、ごみや埃で死ぬことはないからね」。開き直った、それでいて力強い名言(?)です。

ところで、バランスボールを始めてしばらくがたちました。「やっぱりやってよかった。こんなに簡単に、見るからにウエスト周りがしまってきました~♪」っていうのならいいんだけど、そのあたりはまだ成果は見えません…ーー;。

んが! 足の後ろ側の違和感がなくなったのに続いて、思わぬことが。朝起きたときに、仰向けで寝ているんです。それが何か?とか、あたりまえじゃないという方もあるでしょうが、わたしはこれまでいつも横向きで起きていたんですよね。というか、寝るとすぐ横向きになっていた気がします。

最初は、たまたまなんだろうと思いました。でも、ここ数日ずっとなんです。夜中ふと目覚めたときもでした。わけのわからない感じだった体調以外に変わったことといえば、バランスボールに乗っかって机に向かっていることくらい。

ということは、かもしれない…という話ではあるけれど、体幹の様子が少しずつ変わってきているのかもしれません。…っていうか、体の軸が相当曲がってたんでしょうね、きっと…。

ということは、それが整って鍛えられ、締まってくるのは、もっともっと先だってことですよね…ーー;。まっ、いっか~。

それにしても、時々見る「あの子」の立ち姿の美しいこと。相当体幹が鍛えられてるんだなぁ…って改めて思います。