冬の色

イメージ 1

                    『冬の色』


                ”君にわがままを言わせたい
                 君を甘やかしたいんだ
                 そういうの したことないでしょ?”

                 息継ぎを忘れたように 早口で言ったひとは
                 急にうつむいて 息を吐いた


                   とまどううちに 冬の色
                   その前に立ち 顔をうずめた
                   肩先に 冬の音


                 そっと その背中を抱いた
                 包み込むように―