春衣

イメージ 1

                   『春衣』                   

               “心配しすぎる 考えすぎぎる
                ほんとに困った癖だよね
                それがなければ簡単なのに”

                あなたは時々
                小言爺さんになる
                冗談ごかして言うときは
                大抵本気でいるときだ


                さやさや さやや
                木の葉がすれて

                きらきら きらら
                光がこぼれ


                わかってるよと 手を伸ばしたひとの
                肩には お日様の匂いがしてた

                さやさや さやや
                きらきら きらら