部屋=心=体?

イメージ 1

 ここを何度か訪れてくささっている方は、やたら片付けをやっているという記事を読まれたことがあるかもしれません。私はそれを読んではいないので、詳しいことは知りませんが、あまりにもタイムリーに(?)「断捨離」(この時であってますか?)という、不必要なもの(?)を処分しようという本が売れているという話も聞きましたから、それを実践してらっしゃる方もあるかもしれませんね。

 時は、ほれ。年末ですよ。大掃除の声も聞こえてきます。実際のところ、何度か片づけをやらかして(?)きて、「自分の関係するところ」だけはわりと楽勝!~とは思っているんですが、気がつくと少しはいらないものも増えているし、それなりに片付けるものもまだまだあるんですよね…^^;。

 部屋の様子と心の様子は同じようだと、以前書いたことがありました…。心にあれこれ抱えるものがあるときは、部屋が片付いていないように思える。心の整理が出来ている時には、部屋は片付いているように思える…。

 もうひとつ、同じような特徴があることに気がつきました。あまりに抱えるものが多すぎると、どこから手をつけていいのかわからなくなる…ということです。だからといってほっておくと、とんでもないことになる。もうどうしていいのかわからなくて、落ち込むだけしかない…という風に…。

 もうひとつ、気がつきました。それは体も同じかもしれない、と…。いえ、それが片付けと連動しているとか、体内のこととかいうよりは、見かけ…の方に…。あっちこっちに余分なお肉がついてると、どっからどうしていいんだか分からなくなる…。ウエストをどうの、バストアップがどうの…っていうより、全体をどうにかしろよ状態…。

 どうすっかね~、この年末。おいしいものがた~んとあるし~ーー;。












画像は、今日いただいたケーキ(?!)のお供に、ついてきた子です。