信じてなくても好転反応

イメージ 1

 またびわの話です。

 私の母は、私が飲むのを勧め、確か私より1週間ほどあとからびわのお茶(というか煎じたの)を、朝昼晩と飲み始めたのですが、どうも好転反応が出てきたみたいなんです。

 2日ほど前から「腰が痛い」というんですね。で、「何をしたんだかわからない」と…。「なれない椅子に座っていたから、立ち上がり際にひねったのかも」とはいうのですが…。かもって、それほどになるなら、その時にわかるでしょうに…ーー;。

 それはびわのお茶のせいではないかといったのですが、「な、こたない」と言うんですね。「そんなことが簡単にあるわけはない」と…。

 で、お医者様に行ったのですが、お医者様は「???」。打ち身でも、よくいうぎっくり腰の普通の感じでもないし、体の中も何ともないそうなんです。でも、本人が「なれない椅子でひねったのかも…」と言い張るからには、そうなのかもしれない…としか言えないとおっしゃったそうで、とりあえず症状を軽くするための注射と薬をいただいてきて帰って来たんですね。

 「それに…」と母。「肌がえらく荒れてるのよね~。手なんか、がさがさだし…」と言うんです。母はとんでもない過敏症。漆など、木や葉っぱを見ただけでまける…という人なんです。「アトピーや肌に問題のある人は、一時的に悪化したように感じられるかもしれないが、じきに改善する」という好転反応の記述がすぐひらめきましたが、これも信じようとしません。「急に寒くなったからだわ、きっと…」。

 こんな風だから、もう言わないことにしました。これが好転反応なら、どちらもほっといても数日でよくなるでしょうし…。それにしても、こんな人にもちゃんと出るんだと、妙に感心しました。